趣味・エンタメ %e3%81%ba%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%99%ef%bc%93

実際に「ぺんとすくん」LINEスタンプを作ってみた!

2016.11.24

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
%e3%81%ba%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%99%ef%bc%93

我らがhintosの看板キャラ、ペンギンのぺんとすくん。人間でいうと24歳くらい(独身&彼女募集中)の、ぺんとすくんをLINEスタンプにしてみます!今回は、その制作過程をお届け。LINEスタンプがどうやって作られているんだろう?と興味を抱いている人だけでなく、これからLINEスタンプを作ってみたいと思っている人も必見ですよ♪
>>チャンパチで大人気のLINEスタンプクリエイターに直撃取材!はこちら 

1.まずはガイドラインを確認!

ガイドライン(https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/)でLINEスタンプを制作する上での注意点を確認しておきましょう。
最低限チェックしておきたいポイントは
 ・画像形式:透過PNG
 ・画像サイズ
 ・必要な画像枚数
 ・クリエイター名、スタンプタイトルなど必要テキストの文字数
そのほか、10pxくらいの画像余白が必要、性的表現や暴力表現など公序良俗に反するスタンプはNGなど細かい規定があるようです。
せっかく、スタンプができあがっても、審査基準を満たさなければLINEスタンプとしてリリースすることができません。どんなスタンプがNGとされるのか、制作する前にスタンプ審査ガイドラインで確認するのがおすすめです。

2.アイデア出し

まずは、どんなLINEスタンプを作りたいかのアイディア出しをスタート!
以前、人気LINEスタンプクリエイターすがわらあいさんにうかがったアドバイスのとおり、「あればいいのにな」と思う、ひんとすくんのセリフや表情やポーズを次々と出していきます。他のスタンプを見たり、普段使っているスタンプを見てみたり、研究とアイディア出しを進めます。

3.ラフ画の作成

ラフ画の時点でアクロバティックな動きを見せるぺんとすくん

アイディアをもとに、ラフ画(下書き)を起こします。
LINEスタンプは、スタンプ画像だけでなく、メイン画像とタブ画像が必要になります。スタンプ画像をメイン画像、タブ画像に使用することもできますが、新しく別に用意することもできます!

4.ラフ画をイラストレーター(画像制作ソフト)へ取り込み清書

pentos_4
そう、ここからが本番!ラフ画(下書き)をもとに清書をしていきます。
今回のぺんとすくんは、Adobe社のイラストレーターというソフトで作っています。ボディーの部分、手の部分、足の部分…のように細かいパーツごとにレイヤーでわけ、色付けや微調節も細かく行っていきます。レイヤー分けをすることで、消しにく~い、細かい線を消せたり、丁寧な色塗りができたり、何かと便利。このいくつかのレイヤーを重ねていくと、一枚の絵になります。

5.今回申請するのは40個!相談しながらスタンプを作っていきます!

フォントやセリフを丁寧にひとつひとつ検討し、修正を加え、より「使いたくて」「かわいい」ぺんとすくんスタンプができていきました。

%e3%81%ba%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%99%ef%bc%92
左2つ:没案 右:完成版 フォントの太さや大きさを熟考

さまざまな表情、ポージングを見せつつも、使ってもらえるような言葉遣いにしたり、くすっと笑えるようなシュールさを追及しています。
さあさあ、hintosぺんとすくんのスタンプが見事できあがりました!

ラフ案から採用されたHELP!
ラフ案から採用されたHELP!

完成した40個の画像をもとに、いよいよLINEスタンプを申請します。ぺんとすくんスタンプは審査に通るのか!?ドキドキしながら、申請してみたいと思います!
次回は、ぺんとすくんの生みの親直伝!誰でもできる!?スタンプ制作方法をお届けします。LINEスタンプを作ってみようかなと考えている方、要チェックです。楽しみにしていてくださいね♪

SNSでシェアしよう

%e3%81%ba%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%99%ef%bc%93

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
後藤愛

後藤愛

1992年生まれ、大阪市在住のフリーライター。現在は1児のオカンでありながら、気が多い性格を生かして幅広いジャンルの記事を執筆中。 人間観察と背油たっぷりなラーメンが大好きだとか。