ライフスタイル

遊び心満載!LINEが考える働きやすい環境づくりとは?LINE広報さんにインタビュー

2018. Nov. 11

BY Ayuko Miura

(2/2ページ)

広報の人に聞いてみた!

社内を見せていただいて感じたのが、オフィスの利便性はもちろん、とにかくあちこちに「遊び心」が散りばめられているということ。なぜこんなにユニークなオフィスが生まれたのでしょう?PR室長の林さんにお話をお伺いしました。

―とっても素敵なオフィスで羨ましいです!
ありがとうございます。このオフィスには2017年4月に引っ越してきて、現在はグループ会社なども入れて約2000人が働いています。オフィスのデザインは社内のスペースデザインチームが手掛けたんですよ。弊社の「デザインに対するこだわり」が表現されたオフィスだと思っています。

―このようなオフィスが生まれた理由はなんでしょうか?
一言でいうと、弊社の価値基準である「WOW」を創造するための環境ですね。WOWとは驚きとか、感動といったようなものでしょうか。身近な例では「LINEスタンプ可愛い!」という気持ちとか(笑)。弊社のサービスはWOWを生み出すことを大切にしているので、オフィスもWOWが生まれるような環境を目指しました。例えば家にいるようにリラックスしてゲームをしたり、他部署の人と気軽にコミュニケーションしたり。コーヒーのついでにブレインストーミングすることでいいアイデアが生まれたりといった「ON」と「OFF」をうまくスイッチさせて創造力が高まる効果を狙っています。

―福利厚生の面でユニークな制度はありますか?
福利厚生だと妊活補助制度、ベビーシッターの補助、通訳サービス、語学学習補助などもありますね。
弊社は男性女性、外国人、未婚既婚、子持ちなどなどさまざまな環境のスタッフが働いています。色んな環境のスタッフが100%のパフォーマンスを発揮できるように、それをサポートする仕組みが充実しています。

―働いているスタッフの方の感想はいかがですか?
やっぱり「働きやすい」という声が多いです。オフィス内で生活の色々なことが完結するのは便利ですし、一つのオフィスの中でリラックスする場があったり、籠もって仕事できる場があったりと、メリハリがあるのがいいみたいです。

―働きやすい環境から、LINEの面白いサービスが生まれるのですね
弊社は「CLOSING THE DISTANCE」をミッションに掲げています。人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めるという意味ですが、LINEのサービスはコミュニケーションツールという最初の段階を超えて、生活におけるプラットフォーム化を目指しているところです。マンガやゲームといったコンテンツから金融や保険、決済まで、生活に密着した色々なサービスの入り口になるような存在を目指しています。

―たくさんのサービスの中で、特に今注目のものはなんでしょうか
​最近スタートしたのが「LINEほけん」。自転車保険や年越し保険などLINEが無料でプレゼントしているものや、
『紅葉・もみじ狩り安心保険』や『飲み会保険』といったユニークな商品、100円から加入できる商品などがあり、
一般の保険より身近に感じてもらえるのではないでしょうか。

今後の展開としては、家計簿サービスを準備中です。家計簿って続けようと思っても三日坊主になりがちですが、今まで敬遠していたようなことも「LINEならできそう」と思ってもらえたら嬉しいですね。

ユニークなオフィスで「LINE」がもっと面白くなる!

LINEのオフィスは社内の豪華設備はもちろんのこと、あちこちにちょっとした椅子があったり打ち合わせのためのスペースがあったりと、スペースにゆとりがあるのが印象的でした。ふと浮かんだアイデアを誰かと気軽に話し合う…なんてことが簡単にできそう。
快適なオフィス環境でスタッフのコミュニケーションが増える→アイデアが形になる→よいサービスが生まれる!LINEの次なる展開がますます楽しみになる取材でした。

  • 1
  • 2
※2018年11月11日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail