コミュニケーション

LINEのトーク・LINEグループで「メンバーがいません」「退出しました」の意味・理由と対処法は?

2018. Mar. 24

BY Mugi

LINE」のトーク画面を見ると、つい最近までやりとりしていた友達とのトークルームが「メンバーがいません」や「退出しました」という表示になっていた!という経験はありませんか?もしかしてブロックされたのかなと不安になってしまいますよね。今回はその考えられる理由と対処法についてご紹介します。

 

相手が「LINE」アカウントを削除した場合・対処法

まず一つ目に考えられる理由は、相手が「LINE」アカウントを削除してしまった場合です。スマホの機種変更をする時などに、「LINE」の引き継ぎに失敗してしまった!という経験はありませんか?その場合も、それまで利用していた「LINE」のアカウント情報は失われてしまうのでこれに当たります。

そんな時はどのように対処すればよいのでしょうか?まず、相手が「LINE」アカウントを再度作り直すと、友達リストの「知り合いかも?」の欄に表示されることがあります。また、電話番号を変更していなければ電話番号検索をすることも可能です。

相手が「LINE」の引き継ぎ失敗などで困っていたら、こちらから探すアクションを起こしてあげると良さそうですね。

LINE」アプリをアップデートした際の不具合による場合・対処法

次に考えられる理由は、アップデートしたことによる「LINE」アプリの不具合の場合です。まれに友達リストがすべて消えてしまったというような事例があるようです。

このケースは自分では防ぎようがありませんよね?こんな時に困らないようにするためには、再インストールする時のための「メールアドレスの登録」「トーク履歴のバックアップ」などの対策を事前にしておくことをおすすめします。

メールアドレスの登録は「アカウント」の設定画面から行うことが出来ます。

登録したいメールアドレスを入力するとそのアドレス宛に数字4桁の認証番号は届きますので、その番号を入力して「メール認証」をタップすれば登録が完了します。

また、トーク履歴のバックアップはトークの設定画面から行えます。例えばiPhone版の場合ならiCloudに保存することが出来ますので、「今すぐバックアップ」をこまめにしておくと安心でしょう。

ちなみに、「LINE」を再インストールする場合は「新規登録」ではなく「ログイン」作業をしないとアカウントが引き継がれないので要注意です!

自分から相手をブロック、非表示や削除してしまっていた場合・対処法

最後は、こちらから相手をブロック等してしまって「メンバーがいません」や「退出しました」と表示される場合です。故意に操作した覚えがなくても、ふとした拍子にブロックや非表示にしてしまうケースがあるかもしれませんよね。

そんな時はブロックや非表示の設定を解除すれば解決します。友だちの設定画面に「非表示リスト」「ブロックリスト」がありますので、そこから再表示させれば解除することが出来ます。

なお誤って相手を削除してしまった場合でも、トーク履歴が残っていれば元に戻すことが出来ます。

不安にならず原因に合った対処方法を!

いかがでしたでしょうか?さっきまでトークしていたのに急に「メンバーがいません」「退出しました」 と表示されても焦らず、まずはご紹介したような対処法を一度試してみてくださいね!では、今度は自分がトークから抜けた場合をチェックしてみましょう。

LINEのグループトークは複数でトークをするのにとても便利です!しかし、あまり仲が良くないのに付き合いで入ったグループや、あまりにも自分とは関係ないトークで頻繁に通知がきてわずらわしいもの。また、以前はやりとりしていたけど今は疎遠になってしまったグループなど、実は退会したいと考えているグループもありますよね。しかしこっそり抜けるとどうなるのでしょうか?退会すると全員に通知が行ってしまうのでしょうか?解説していきます!

 

LINEで退会すると通知は残る?

LINEでグループを抜けると、「○○が退会しました」とグループトーク内に表示が出ます。しかし、通知自体は発信されることはありません。ただし、そのグループトークを開いた際に「あれ、○○が退会しましたって出てる!」と気づくことになります。逆に言えばだれもそのトーク画面を開かなければ気づかれることはありませんが、頻繁にやりとりをしているグループであれば、グループの人たちは「勝手にいなくなっちゃった」と後味が悪い思いをする可能性があるので、ひとこと添えてから退会すると良いでしょう。

退会後に見られなくなる情報はある?

LINEのグループを退会してしまうと、

・グループのメンバーリスト

・これまでのトーク履歴

・グループ内のアルバム

・グループ内のノート

はすべて見ることができなくなります。必要な情報がある場合にはKEEPに保存しておきましょう。また、グループ自体が自分のLINEのトーク一覧から消えるので、再度アクセスすることもできなくなります。

退会したあとに復活できる?

間違って退会してしまった場合や、一時的に退会したけれどやっぱりまたグル―プに参加したい……という場合にはグループのメンバーの誰かに再度招待をしてもらうしか入り直す方法はありません。

グループのメンバーの誰かに再度招待をしてもらうことで、グループのアルバムやノートは見ることができるようになりますが、トーク履歴はすべて消えてしまいますので、再度招待されたところからしか見ることができなくなりますのでご注意ください。

 

他のユーザーを退会させることはできる?ばれる?

グループメンバー一覧から、「編集」をタップし、退会させたいメンバーの横の「削除」をタップします。

グループのメンバーは全員が他のメンバーをグループから退会させることができます。しかし「○○が△△を退会させました」という表示が出ます。

自らグループを退会した場合と異なるのは、誰かに強制退会させられた場合、再度グループに参加しているメンバーに招待されるとこれまでのトーク履歴が消えずに残っているということです。

グループを非表示にするとどうなる

このように、グループを退会すると表示が出てしまうので、人間関係を考えるとなかなか退会しづらい……でも毎回トークの内容が通知されるのは見たくないしミュートではなくグループ自体をトーク一覧から消したい……そんな場合もあると思います。

そんなときは「グループを非表示」にすることができます。

まずはグループ一覧で該当のグループを長押しして、「グループ詳細」をタップします。その後、歯車マークから「グループメニューに表示」のチェックを外せば、トーク一覧には表示されなくなります。抜けることなく、目にすることもなくグループに存在するための方法としては良いのではないでしょうか!

ただし、1点注意があります。グループ内のだれかがトークルーム内にメッセージを送ってきた場合には、非表示にしたとしても、また自分のトーク一覧に表示されてしまいます。あまり頻繁にトークが行われている場合には非表示のみでは手間がかかるだけです。「通知OFF」などのミュート機能を併用し、いちいち通知がこないようにすることでだいぶストレスは軽減されます。

グループ自体を完全に削除する

グループ自体を完全に削除するためには、グループのメンバー全員が退会しなければなりません。

招待中の方は削除しましょう。退会もらえない場合や連絡がつかないなどの場合は強制退会をさせる方法があります。

その後自分が最後にグループを退会することでLINE上からグループを完全に削除することができます。

まとめ

LINEのグループから抜けたり削除したり……は、トラブルの原因となってしまったりすることもあります。そこで、可能な限り通知をオフにするなどして対応するようにしましょう!

 

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail