コミュニケーション

LINEで「メンバーがいません」「退出しました」と表示されたのはなぜ?

2018. Mar. 24

BY Mugi

LINE」のトーク画面を見ると、つい最近までやりとりしていた友達とのトークルームが「メンバーがいません」や「退出しました」という表示になっていた!という経験はありませんか?もしかしてブロックされたのかなと不安になってしまいますよね。今回はその考えられる理由と対処法についてご紹介します。

相手が「LINE」アカウントを削除した場合

まず一つ目に考えられる理由は、相手が「LINE」アカウントを削除してしまった場合です。スマホの機種変更をする時などに、「LINE」の引き継ぎに失敗してしまった!という経験はありませんか?その場合も、それまで利用していた「LINE」のアカウント情報は失われてしまうのでこれに当たります。

そんな時はどのように対処すればよいのでしょうか?まず、相手が「LINE」アカウントを再度作り直すと、友達リストの「知り合いかも?」の欄に表示されることがあります。また、電話番号を変更していなければ電話番号検索をすることも可能です。

相手が「LINE」の引き継ぎ失敗などで困っていたら、こちらから探すアクションを起こしてあげると良さそうですね。

LINE」アプリをアップデートした際の不具合による場合

次に考えられる理由は、アップデートしたことによる「LINE」アプリの不具合の場合です。まれに友達リストがすべて消えてしまったというような事例があるようです。

このケースは自分では防ぎようがありませんよね?こんな時に困らないようにするためには、再インストールする時のための「メールアドレスの登録」「トーク履歴のバックアップ」などの対策を事前にしておくことをおすすめします。

メールアドレスの登録は「アカウント」の設定画面から行うことが出来ます。

登録したいメールアドレスを入力するとそのアドレス宛に数字4桁の認証番号は届きますので、その番号を入力して「メール認証」をタップすれば登録が完了します。

また、トーク履歴のバックアップはトークの設定画面から行えます。例えばiPhone版の場合ならiCloudに保存することが出来ますので、「今すぐバックアップ」をこまめにしておくと安心でしょう。

ちなみに、「LINE」を再インストールする場合は「新規登録」ではなく「ログイン」作業をしないとアカウントが引き継がれないので要注意です!

自分から相手をブロック、非表示や削除してしまっていた場合

最後は、こちらから相手をブロック等してしまって「メンバーがいません」や「退出しました」と表示される場合です。故意に操作した覚えがなくても、ふとした拍子にブロックや非表示にしてしまうケースがあるかもしれませんよね。

そんな時はブロックや非表示の設定を解除すれば解決します。友だちの設定画面に「非表示リスト」「ブロックリスト」がありますので、そこから再表示させれば解除することが出来ます。

なお誤って相手を削除してしまった場合でも、トーク履歴が残っていれば元に戻すことが出来ます。

不安にならず原因に合った対処方法を!

いかがでしたでしょうか?さっきまでトークしていたのに急に「メンバーがいません」「退出しました」 と表示されても焦らず、まずはご紹介したような対処法を一度試してみてくださいね!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail