コミュニケーション

LINEトーク履歴の削除と取り消しの違いとは?相手にはバレるの?

2018. Mar. 13

BY Mugi

LINE」のトークでうっかり間違えたメッセージを送ってしまった!なんて経験はありませんか?そんな時になかったことに出来るのが「送信取消」という便利な機能なのですが、よく似た「削除」機能と混同している方も多いかもしれません。今回はその二つの機能の違いと特徴について詳しくご紹介します♪

メッセージの「削除」機能ってなあに?

まず「LINE」のトーク画面での「削除」機能は、「自分の端末上でメッセージを整理するために表示させなくする(削除する)」ものです。削除できる対象は自分のトークも相手のトークも両方です。

削除したいトークを長押ししたら、このように「削除」と「送信取消」という項目が両方出てきます。「削除」をタップすればそのトークが削除されます。

「削除」したら相手側にバレる?

メッセージを削除すると、自分のトーク画面上では消えますが、相手のトーク画面上では何も変化が起こらないのが特徴です。したがって削除したことが相手にバレるということはありません。

メッセージの「送信取消」機能ってなあに?

一方「LINE」のトーク画面での「送信取消」機能は、「間違えて送信してしまったメッセージをなかったことにする(取消する)」ものです。取り消しできる対象は自分が24時間以内に送ったトークのみです。

「削除」の場合と同じようにトークを長押しし、「送信取消」をタップするとそのトークが取り消しされます。

「送信取消」したら相手側にバレる(本当になかったことに出来る)?

メッセージを「送信取消」すると、自分のトーク画面上には送信時刻と「メッセージの送信を取り消しました」という表示が残ります。一方、相手のトーク画面上にも「○○がメッセージの送信を取り消しました」という表示が残ります。したがって、メッセージを取り消ししたことは相手にバレてしまい、完全になかったことにできるというわけではないようです。

上手な使い分けや注意点

このように、「削除」と「送信取消」ではその対象や相手への影響が違ってくるので、それぞれ目的によって使い分ける必要があります。トーク画面の整理のためには「削除」、一度送ったメッセージを消したい時には「送信取消」と簡単に覚えておきましょう。また、どちらの操作も一度行うと元に戻すことはできません。相手が「LINE」をバージョンアップしていないと「送信取消」が機能してくれないケースもあるようなので、利用時にはよく確認したいですね。

上手く使えば便利な機能♪

いかがでしたでしょうか? 「LINE」ユーザーで「削除」と「送信取消」機能をまだ使ったことのない方は、今回ご紹介した特徴を参考にぜひ有効活用してみてくださいね!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail