コミュニケーション

LINEの写真が読み込めない! 写真の保存期間と対処法をご紹介

2018. Mar. 10

友達や家族と撮った画像を気軽に送り合って共有できる「LINE」。でも、以前送ってもらった写真をいざ保存しようとしたら、保存期間が過ぎていて保存できなかった!という経験はありませんか?今回はその原因とおすすめの対処法についてご紹介します♪

なぜ期間が過ぎると保存できないの?

送ってもらった画像を保存しようとすると「保存期間が終了しているため画像の読み込みができません」と表示され、がっかりした事のある方も多いはず。

これは、「LINE」のサーバー上での保存期間が過ぎてしまって、画像や動画を保存したり再生したりすることが出来なくなってしまった状態です。

保存できる期間はどのくらい?

ずばり保存期間は2週間。後で保存しようと思ってほったらかしにしていると、あっという間に2週間経ってしまい保存出来なくなってしまった!ということになりかねませんよね。

保存期間の過ぎた画像の復元はできる?

一度保存期間を過ぎてしまうと、画像や動画の復元は残念ながら出来ません。画像を選択した時に一瞬表示されますが、それはサムネイルが拡大されたもので元画像が表示されている訳ではないようです。保存期間の過ぎたデータは、相手からもう一度送ってもらうしか、もう一度手に入れる方法はありません。

保存できなくならないためのおすすめテクニック

まず意外と知られていないのが、「一度受信した画像をLINE上で読み込んでおけば、期間に関係なく保存できる」ということです。その時に保存していなくても、一度開いておくだけでOKです。毎回そのように癖付けておけば、後からいつでも保存することが出来ますよね!

また、「LINE」のアルバム機能を利用するのもおすすめの方法です。「LINE」のアルバムは保存できる枚数に上限がないだけでなく、保存期間にも制限がないという優れもの。

画像を表示させた画面の左下アイコンから簡単にアルバム作成が出来ますよ。(アルバムには動画は投稿できません)

また、「ノート」や「Keep」といった機能を使う方法もあります。「ノート」は一度に投稿できる枚数に上限はありますが、画像だけでなく動画も共有し続けることが出来ます。

保存したい画像を長押しすれば簡単に投稿できます。保存容量や保存期間の制限もないので、アルバムと同じ感覚で使えそうですね。

一方「Keep」は本人だけが見ることの出来るメモのようなものです。

こちらも「ノート」と同様、画像を長押しすると保存できます。自分のプロフィール画面から保存した画像を見ることが出来ますよ。ただし「Keep」には容量による保存期限がありますので、上手に使い分けましょう。

保存期間が過ぎて泣くことのないように!

いかがでしたでしょうか?「LINE」で送ってもらった大切な画像や動画の保存期間が過ぎて困ってしまうことのないよう、今回ご紹介したテクニックをぜひ活用してくださいね♪

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail