コミュニケーション

「LINEマンガ」でマンガをシェアするとどうなる?【便利な機能・設定編】

2017. Dec. 8

BY

LINEが提供している電子コミックアプリ「LINEマンガ」。今回は、「読み終わったマンガをSNSにシェアするとどうなる?」「LINEマンガでダウンロードしたマンガはどこに保存される?」など、便利な機能や細かな設定について解説します!

LINEマンガの面白い機能「シェア」とは?

「シェア」はSNSでもおなじみの機能ですが、マンガのシェアはどんなものか、イメージしづらいかもしれません。使いこなせば便利な機能「シェア」についてご紹介します!

曜日ごとに豊富なラインナップのマンガが更新されている、「連載マンガ」。最新話を読み終わると、こんな画面が出てきます。

「続きが気になる!次の更新まで待てない!」という時は、このマンガを読んだことをSNSでお知らせすると、次回更新分がすぐに読めるのです!これがLINEマンガの「シェアして先読み」機能。

使い方は簡単で、各SNSボタンを押すだけ。LINEでシェアする場合は、「LINEトーク」または「LINEタイムライン」のどちらかを選べます。

LINEトークにシェアする場合、送信先の友達やグループを選ぶと先読みが可能に!

LINEのトーク画面やTwitterにはこんな風に表示されます

気になるマンガの続きが先に読めるとはいえ、読んだマンガを多くの人に知られるのは恥ずかしいもの。そんな時は、家族や趣味を共有できる友人にシェアしたり、Twitterのサブアカウントに投稿するのも1つの手です。

LINEマンガで読んでるマンガってバレるの?

LINEマンガで読んだマンガがバレたらいやだ!」と不安を覚える方も多いと思います。でもご心配なく。普通にマンガを読んでいるぶんには、LINESNSの友人に読んだマンガがバレることはありません。

ただ、先ほどご紹介した「シェアして先読み」機能を使うと読んだマンガがSNS経由でバレてしまうので、くれぐれも慎重に。

LINEマンガで「縦読み」はできるの?

マンガアプリというと縦にスクロールして読むスタイルを思い浮かべる方もいるかもしれません。LINEマンガの設定でマンガを縦読みに変える方法はあるのでしょうか?

答えはNOです。横読みになっているマンガを縦読みに変える設定方法はないようです。

LINEマンガのインディーズコーナーからプロデビューした作家もいるのだとか

縦読みのマンガが読みたい方は、「連載マンガ」から「インディーズ」コーナーをチェックしてみてください。インディーズのページは従来のマンガのイメージにとらわれない、自由な発想で描かれた作品の宝庫です!縦読みのマンガもあるので、あなた好みの作品を探してみては?

LINEマンガでダウンロードしたマンガの保存先はどこ?

電子コミックというと、「マンガのデータでスマホの容量がいっぱいになったら困る」などの不安がつきもの。LINEマンガでダウンロードしたマンガの保存先はどうなっているのでしょうか?

「連載マンガ」はスマホ本体にダウンロードされない!

「連載マンガ」では、「ストリーミング」という機能を使っているため、データがスマホに保存されることはありません。スマホの空き容量を気にせず好きなだけ無料マンガを読むことができます!

「ストア」で購入したマンガはスマホにダウンロードされる!

「連載マンガ」とは異なり、「ストア」で購入したマンガはスマホ本体にデータがダウンロードされます。数冊保存するだけでは心配ありませんが、ダウンロードを繰り返しているとアプリが重くなったり、スマホ本体の容量を圧迫してしまうことも

 

表紙右下のチェックマークが「スマホ本体にダウンロードされている」ことの目印

購入したマンガをスマホにダウンロードしないで読む方法は?

そこでマンガの容量にお悩みの方におすすめなのが、「ストリーミング方式」でマンガを読む方法です。

設定の仕方は簡単。アプリ下部の「マイメニュー」から、「本棚でストリーミングを利用」をONにするだけ!これでスマホ本体にマンガをダウンロードすることなく、アプリ上でサクサク読めます。

ダウンロードの待ち時間がなく、サクサク読めることがメリットのストリーミング方式ですが、注意することが1つ。マンガを読み進めるたびに通信が発生するので、通信制限や通信料に注意してください。

LINEマンガ公式ブログ(http://manga-blog.line.me/ja/archives/63468881.html)より引用

自宅やカフェなどWi-Fi接続が可能な時はダウンロードで、移動中などはストリーミング方式で、など通信環境に合わせた使い分けがおすすめです。

LINEマンガの便利な機能を使いこなせば、もっと楽しくマンガが読めますね。ご紹介した機能や設定をぜひ活用してみてください!

 

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail