ファッション

彼氏や旦那さんにオーダーメイドシャツをプレゼントするときの注意点

2017.02.19

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

大切な人に、ちょっと気の利いたプレゼントを贈りたい。そんな時、オーダーメイドのシャツをプレゼントするのはいかかでしょう?シャツもオーダーできる、オーダースーツ通販サイト「LaFabric」スタッフ谷崎さんに、オーダーシャツを贈る時に知っておきたいポイントを聞きました!

1.オーダーの種類

オーダーシャツには主に「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つの方式があります。
「パターンオーダー(セミオーダー)」は、既製のサイズから体型に近いサイズを選び、裄丈や首回りなど細かい部分を調整して仕上げる方式。最もポピュラーな方式です。
「イージーオーダー」は工場の豊富な型紙を使ってシャツを作る方式で、パターンオーダーとフルオーダーの中間的なタイプ。
「フルオーダー」は最も手の込んだ方式。パターンをはじめ全てにおいてオリジナルのシャツを一から作ります。

2.既製品との違い

既製品のシャツは「首回り」と「裄丈」でサイズが決まっており、その中から選ぶのが一般的。一方オーダーなら、一人一人の体型に合わせてシャツを仕立てるため、自分の体型にぴったり合うシャツが手に入ります。
またオーダーの醍醐味が、デザインを自分で選べること。襟やカフスのデザイン、ポケットの有無、ボタンの種類など、自分の好みに合わせた1着を仕立てることができます。

3.オーダーシャツが贈り物に最適な理由

・思い出に残るプレゼントになる
小物類などは贈り物の定番ですが、ワイシャツを貰う機会は少ないため、相手の印象に残りやすいもの。またオーダーシャツはギフト券で渡すことが多いので、嵩張らず、ちょっとしたサプライズを演出することもできます。誕生日や記念日のプレゼントにおすすめです。

・貰う側も贈る側も楽しい
オーダーシャツのプレゼントでユニークなのが、貰った側はもちろん贈った側もお互いに楽しめるという点。プレゼントを受け取った相手は、自分だけの1着をデザインする楽しみがあります。逆に贈った側は、相手がどんなシャツをデザインしたのかを見る楽しみがあります。

・相手の趣味嗜好を問わず贈れる
プレゼントで一番悩むのが、相手の好みに合うかどうか。オーダーシャツなら相手が自分の趣味に合わせて作れるため、そんな心配は無用です。

せっかくのプレゼント、相手が気に入って長く愛用してくれたら嬉しいですよね。オーダーシャツは記念日の贈り物にもぴったり。大切な人へのプレゼントとして選択肢に入れてみては?

取材協力:LaFabric

『Wear Your Personality(個性を着よう)』をコンセプトに、デザイン、生地、サイズを好みに選ぶことができるカスタムオーダーのオンラインショッピングサイト。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Ayuko Miura

Ayuko Miura

出版社、ウェブメディア企業勤務などを経てフリーランスライター・エディターに。ITを中心に住宅、マネー、ライフスタイルなどの記事を担当。最近はウイスキーにハマっています。東京都在住、一児の母。