ファッション

ちょっとの工夫でOK! 旦那さんのスーツの着こなしをワンランクアップさせる方法

2017.02.09

ビジネスシーンで着る機会が多いスーツ。マナーを守りつつ、おしゃれに見えたら素敵ですよね。そこでオーダースーツの通販サイト「LaFabric」スタッフ谷崎さんに、スーツ姿がワンランクアップする、ちょっとした着こなしのコツを教えていただきました!

1.サイズは自分に合ったものを選ぶ

一番の基本は、自分の身体にあったサイズのスーツを着るということ。大きめのスーツでは、だぼついて野暮ったく見えてしまいます。体型にピッタリあったスーツなら、それだけですっきりときれいに着こなせます。

2.ワイシャツはジャケットの袖から少し出す

ワイシャツのサイズも重要です。ジャケットを着た時、袖からシャツが1〜1.5センチほど見えるようにするのがポイント。背後から見たときに首元から出ているシャツの襟幅と、袖口から出ている幅が同じ位なのがグッドバランスです。

3.ボタンの1番下は開ける

意外と忘れがちなマナーが「ジャケットの1番下のボタンは開ける」ということ。1番下のボタンは「飾りボタン」と呼ばれるもので、留めないのがルールです。生地に不自然なシワがつくのを防ぐという利点もあります。

4.ベルトや靴など小物の色を揃える

ベルト、靴、カバンなどスーツスタイルで使う小物はいくつかありますが、最低でもベルトと靴とで色を揃えるのが望ましいコーディネートです。茶色の場合はベージュ、ライトブラウン、ブラウン、キャメルなどの色を一緒に使っても問題はありません。

5.靴下はスーツと同系色を選ぶ

靴下の色は靴かパンツに合わせます。加えて丈が長いものを選ぶようにしましょう。短い靴下を履いていると足首が見え、不恰好な印象です。

6.スーツの色を変えてみる

いつも同じような色のスーツを選びがちなら、違う色にも挑戦してみてはいかがでしょう。
信頼感がありビジネスシーンの定番カラー「ネイビー」、冠婚葬祭にも使える万能色「チャコールグレー、若々しい印象を与えるといわれる「グレー」、センスが光る「ブラウン」など、スーツの色によって、イメージをガラリと変えられます。

毎日のように着るスーツ。ちょっとした着こなしの違いで、彼氏や旦那様のスーツ姿が見違えるかもしれません。以上6つのポイントをぜひ教えてあげてくださいね!

取材協力:LaFabric

『Wear Your Personality(個性を着よう)』をコンセプトに、デザイン、生地、サイズを好みに選ぶことができるカスタムオーダーのオンラインショッピングサイト。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Ayuko Miura

Ayuko Miura

出版社、ウェブメディア企業勤務などを経てフリーランスライター・エディターに。ITを中心に住宅、マネー、ライフスタイルなどの記事を担当。最近はウイスキーにハマっています。東京都在住、一児の母。