ファッション

プロが教える!プレゼントで喜ばれる「ネクタイ」選びのポイント5つ

2017. Jan. 28

男性への贈り物の定番であるネクタイですが、女性には馴染みが薄いアイテムでもあります。そこでオーダースーツのショッピングサイト「LaFabric」スタッフ谷崎さんに、喜ばれるネクタイを選ぶために守るべきポイントを教えていただきました。

1.サイズ

プレゼントに選ぶなら、大剣の幅が7cm~9cmの「レギュラータイ」がおすすめ。細すぎるネクタイはビジネスシーンには不適切です。素材はシルク100%の上質なものがよいでしょう。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

2.色柄

続いて色柄選び。ビジネスシーンでの定番は赤系、青系です。年齢が上の方には茶系もおすすめ。柄なら無地、ストライプ、ドット(小さめ)、小紋が○です。
ハイブランドのネクタイではロゴが一面にあしらわれたものがありますが、控える方が無難です。

3.着用シーン

職場によって使えるネクタイが限られることも。堅い業界の方や営業職の方には、落ち着いた色味のドットやストライプ、小紋柄など、無難なものがおすすめ。反対にクリエイティブ業界やアパレル業界の方には、黄色やオレンジといった明るい色もアリです。
またオフの日にネクタイをするような方には、ニットタイや遊び心のある柄を贈ってみるのも良いでしょう。

4.相手の好み

相手の持っているスーツやシャツ、ネクタイなどから、色味や柄の好みを押さえましょう。それらと同系色のものを選べば、失敗することはないはずです。好きなブランドが分かるならそのブランドのものを贈るのもおすすめです。

5.相手の年齢

例えば20代の方にハイブランドのネクタイを贈っても、普段着用しているスーツと釣り合わないことも。ブランドにはターゲットとしている年齢層があるので、相手の年齢とかけ離れたブランドのものは選ばない方が安心です。

ネクタイをプレゼントするときの、選び方のコツをご紹介しました。相手の職業や年齢、利用シーンを具体的にイメージするのがポイントのよう。他のギフトと合わせて贈るという方も多いと思います。ネクタイの値段は数千円のものから数万円まで、幅広くあるので、他の予算も考慮しながら、相手に喜ばれる素敵な一本を選んでくださいね。

取材協力:LaFabric

『Wear Your Personality(個性を着よう)』をコンセプトに、デザイン、生地、サイズを好みに選ぶことができるカスタムオーダーのオンラインショッピングサイト。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Ayuko Miura

Ayuko Miura

出版社、ウェブメディア企業勤務などを経てフリーランスライター・エディターに。ITを中心に住宅、マネー、ライフスタイルなどの記事を担当。最近はウイスキーにハマっています。東京都在住、一児の母。