ファッション

大人の勝負服!LaFabricのオーダースーツで自分だけの一着を手に入れる

2017.01.05

スーツが似合う男性って、何割か増しでカッコよく見えますよね。自分の夫や彼氏にはスーツをピシっと着こなして欲しいなと思いますが、オーダースーツとなると「お金持ちが作るもの」「高くて手が届かないもの」と思い込んでいました。

ところが、リーズナブルな価格で高品質のオーダースーツが作れるショップがあると聞いて興味津々。そこで「ちょうど新しいスーツが欲しいと思っていた」という男性に同行させてもらい、オーダースーツができるまでを体験させてもらうことにしました!

30代営業マンがオーダースーツ作りに挑戦

今回オーダースーツ作りを初めて体験するKさん(35歳・営業)。仕事柄、会社では常にスーツを着用しています。いつもはデパートなどで決まったブランドのものを購入することが多いそう。

現在はスーツを5着ほど所有。普段のスーツ選びは「直感で」。

「ファッションにそれほどこだわりがあるタイプではないですし、既製品でも困ったことはありません。でもそろそろ大人の男性としてきちんとしたスーツが欲しいなと思っていたので、今回オーダーをお願いすることにしました」

高品質なスーツを手頃な価格で買える「LaFabric(ラファブリック)」

早速、今回オーダースーツを依頼するショップ「LaFabric」へ向かいます。こちらのお店は国内トップクラスの生地メーカーや工場と提携し、高品質なスーツを手頃な価格でカスタムオーダーできるのが特徴。

スーツのほかシャツ、ジャケット、ベストなどもオーダーできるそう。

オンライン通販サイトもあるので、一度店舗で採寸すれば、以降はネットからオーダーが可能なのも嬉しい点。「欲しい」と思った時に自分サイズの服がネットで買えるなんて、かなり便利です!

「遠方のお客様もいらっしゃいます。出張などの機会に来店して頂いて、二度目からはネットでという形でご利用頂いていますよ」と「LaFabric」の谷崎さん(左)。

オーダーの手順は大まかに(1)会員登録、(2)採寸、(3)生地選び、(4)カスタマイズ、という流れで進んでいきます。

(1)タブレットで会員登録

まずは会員登録から。お店のタブレットを使って住所、氏名などの基本的な情報を入力し、会員登録を済ませます。事前にオンライン通販サイトで登録しておくことも可能です。

(2)採寸

続いて採寸。専属コーディネーターの方が首周り、肩幅といった部分はもちろん、二の腕、手首、ふくらはぎなどかなり細かいところまで手早くきっちり採寸していきます。その数、全15箇所!

「自分の手首の長さなんて、測るの初めてです」とKさんも少し緊張気味?

サイズを測りながら「今着ていらっしゃるジャケットは、肩が少し余っているみたいですね。パンツも少し太めです」「もっと細身のサイズの方がお似合いですし、スタイル良く見えると思いますよ」と、コーディネーターの方から着こなしのアドバイスも。

気にならない程度ですが、言われてみれば少しスーツの肩が余ってシワが寄っています。

ちなみに来店の際は、普段着ているスーツを着用して行くのがオススメとのこと。厚手の服よりも採寸しやすく、またスーツの好みなども伝わりやすくなります。

採寸が終わったら、続いて「ゲージ」と呼ばれるサンプルサイズのジャケットとパンツがあり、一番お客様の体型に近いゲージを選んで、実際の着用感を確認します。緩め、キツめといった着心地もここで調整できます。

ジャケットの長さも数センチ単位で調整。

試着してみると…さっきまで着ていたスーツよりも、全体的にスラリとしたスタイルに見えてびっくり!数センチの違いでここまで変わるのですね。
「ジャケットはお尻が5~7割隠れる位の長さが最適です。短めだとカジュアルな印象になりますよ」など、着こなしの豆知識も教えてもらえました。

試着用のゲージは「キツくはないですが、いつものスーツよりもピッタリした着心地です」。

これで採寸は終了。手早い作業で、ここまでの所要時間は30分ほどでした。次は生地選びとカスタマイズに取り掛かります。詳しい様子は後編でお届けします!

取材協力店

(2017年5月7(日)までの期間限定出店)「LaFabric」POPUP STORE コレド室町
東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 3階
(常設店舗)LaFabric Real Store渋谷
東京都渋谷区神南1丁目9-7 丸栄ビル 1F
ショップ一覧はこちら

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Ayuko Miura

Ayuko Miura

出版社、ウェブメディア企業勤務などを経てフリーランスライター・エディターに。ITを中心に住宅、マネー、ライフスタイルなどの記事を担当。最近はウイスキーにハマっています。東京都在住、一児の母。