住まい・生活

プロの技、教えます!魚焼きグリルの頑固な汚れをピカピカにする方法

2017. Oct. 20

使うたびにどうしても汚れがこびりついてしまう魚焼きグリル。洗うのが面倒でグリルを使うのを避けているという方もいるのでは?

そこで今回は、魚焼きグリルの正しいお手入れ方法を、くらしのマーケットにも掲載されている「かもしたハウスクリーニング」の方に聞いてみました!

大前提は使ったらすぐに洗うこと!

魚焼きグリルは使ったらすぐに洗うことが基本!こびりついた油汚れを手間なくお掃除する方法は、ないと思ったほうが良いそうです。

魚焼きグリルの汚れを落としやすくする裏技って?

魚焼きグリルにこびりついた汚れをゴシゴシこするのは面倒なもの。実は、たった一手間でグリル掃除が楽になる裏技があるんです!

その裏技とは、魚をグリルで焼く時に、受け皿の水に大さじ12杯の重曹を入れるだけ!重曹パワーで使用後のお掃除が楽になり、ニオイ予防にも効果的です。

こびりついた頑固な汚れ。プロもやってる掃除方法はこれ!

魚焼きグリルに頑固な汚れがこびりついてしまい、洗っても全然取れない……。そんな時に有効なお掃除方法を、プロがこっそり教えてくれました。少し手間はかかりますが、これでピカピカになるはずです!

用意するもの

  • 重曹
  • バケツ
  • 大きめな鍋
  • スポンジ(メラミンスポンジがオススメ)
  • ゴム手袋

お掃除の手順

やけどやケガをしないように必ずゴム手袋をしましょう!(重曹は熱するとアルカリ成分が上昇し、肌荒れの原因となってしまいます)

  1. バケツにやけどしない温度のお湯(4050)に重曹を溶かします。お湯100mlに対して大さじ1杯が目安。水だと重曹が溶けないので、お湯を使いましょう。
  2. 魚焼きグリルの網や窓、受け皿を①の重曹入りのお湯で洗い、大まかに汚れを落とします。
  3. 水をたっぷり入れた鍋に重曹を入れ、沸騰させます。水1ℓに対して重曹大さじ1杯が目安。
  4. グリルの網は、沸騰したお湯に入れて30分ほど付け置きします。鍋に入りきらない場合は、途中で向きを変えましょう。網に付いたしつこい汚れをスポンジでこすり、落としきれない場合はお湯に付けてこするを繰り返します。
  5. グリルの窓や受け皿は、重曹大さじ23杯と水大さじ1杯で作ったペーストを塗って30分ほど放置します。重曹ペーストが付いたままこすり、水で全体を良く洗い流します。

プロもこの方法で、付け置きとこするを繰り返して作業しているのだそうです!

日ごろのお手入れがキレイへの近道!

汚れが軽いうちに洗えば、食器洗い用の中性洗剤で十分にキレイになります。しかし、汚れを放置してしまうとその分手間がかかり、機材の劣化の原因にも。プロにクリーニングを依頼するのは最終手段だと思ったほうが良いそうです。

最後に担当者さんは、「“また来年もお願いします”のお言葉も嬉しいですが、この機会にマメにお手入れします、と言っていただけるともっと嬉しいです。それでもどうしても手に負えない時は、プロに依頼してくださいね。」と語ってくれました。

溜まった汚れを一気に落とすのではなく、使うたびにササッとお手入れすることがキレイへの近道のようですね。プロ直伝の技で魚焼きグリルをピカピカに保ちましょう!

協力店舗:かもしたハウスクリーニング

取材協力:くらしのマーケット

エアコンクリーニングや不用品回収、引越しなどのサービスをオンラインで予約できる「くらしのマーケット」。具体的な料金や口コミで各業者を比較でき、業界最安値水準の価格で利用できます。「女性のスタッフが良い」「とにかく早くお願いしたい」など、あなたの要望にぴったりな業者を、ネットやスマホから簡単に探すことができます!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail