グルメ

おうちでほろ酔い気分♪ ご褒美に飲みたいお酒を編集部が厳選! 酒を売る犬 酒を造る猫

2018. Nov. 23

BY

(1/2ページ)

「自分に合うお酒がなんなのか知りたい」「これまで以上にお酒を楽しみたい」、と思っている女性に編集部が厳選した4種類のお酒を4週にわたって紹介するこの企画。
前回は、菊水酒造の「スパークリング清酒 きららきくすい」を紹介しました。

今回、ご紹介するのは日本酒を中心としたオリジナル商品を開発・販売する「KURAND」と新潟県・宝山酒造の共同開発「酒を売る犬 酒を造る猫」。
商品名がインパクト大…!なぜ「犬」と「猫」というフレーズが入っているのか、その理由も探りながら美味しいお酒を楽しんでいきましょう。それでは、ご褒美晩酌のスタートです。今宵も乾杯!
本記事には、お酒に関する情報が含まれます。お酒は二十歳になってから、適量をお楽しみください。

醸造家の犬と猫の姿がかわいすぎる!「酒を売る犬 酒を造る猫」

今回、お取り寄せしたのは日本酒を中心としたオリジナル商品を開発・販売する「KURAND」と新潟県・宝山酒造の共同開発「酒を売る犬 酒を造る猫」。

瓶を持った犬&櫂棒(醸造時に使用する棒)を持った猫のパッケージデザインがとてもかわいい!一般的な日本酒ってシンプルなボトルのものが多いですが、こんなにかわいいイラスト付きだとつい手に取りたくなっちゃいますよね。

これは味も気になります。さっそく、飲んでみましょう!

キリッと辛口。さらりと飲める爽やかな飲み口がたまらない!

冷やしたグラスにゆっくり注いでいくと、お米の香りがふわっと広がります。製造元である宝山酒造は地元・新潟産の素材にこだわっています。そのため「酒を売る犬 酒を造る猫」の原料も新潟産の食用米。米どころ新潟だからこそ表現できる味と香りが魅力なのだとか。

それでは、まず一杯目をいただきます。

「……ん?意外にもキリッと辛口!」

かわいい商品名やパッケージデザインから、甘口のテイストを想像していた編集部一同。予想とは違い辛口であったことに驚きました。

しかし、一般的な辛口の日本酒のような独特の飲みにくさは感じず、サラリと飲めちゃいます。この秘密は、「酒を売る犬 酒を造る猫」の特徴でもある、爽やかな清涼感。この清涼感によって辛口でも飲みやすいテイストとなっています。冷蔵庫から取り出してすぐの5℃(雪冷え)~10℃(花冷え)がベスト!

辛口だからこそ相性抜群。フレッシュなおつまみを用意して♪

2杯目はおつまみと共に頂きたいと思います。では、改めて乾杯!

「ふぅ~、これぞ、大人の贅沢!一週間の疲れが癒される…」

おつまみと一緒にいただくことで、より「酒を売る犬 酒を造る猫」が持つお米の味を楽しむことができます。鼻に抜ける爽やかな香りもたまりません。

今回hintos編集部は缶詰を用意しましたが、製造元である宝山酒造の方に聞いたところ“フレッシュ”なおつまみとの相性も抜群なのだとか。特に、白身魚や貝類のお刺身・果物などがオススメとのことなので、是非一緒に召し上がってみてくださいね。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail