住まい・生活 image1

【後編】外出中にペットの様子をモニタリングしてみた結果…とってもレアな姿を確認!

2016.09.03

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

留守中でもペットの様子を確認できるカメラセンサー「家族目線」を使って、愛犬をモニタリングした結果をご紹介します!設定方法や気になるカメラの大きさデザインは前編を見てくださいね。

前編へ>>

SDカード挿入で、写真や映像がサクサク撮影できる

本体に購入したSDカードを挿入したところ、サクサク撮影ができるようになりました。カメラ本体も、部屋全体を確認できるよう、天井に近いところに設置。

image5

そうすると様子がはっきりと分かって、音も思っていたより鮮明に聞こえるようになりました!

気になる「お知らせ」機能を実際に使ってみると…?

image3

「鳴き声おしらせ」を選択すると、愛犬が吠えた時にお知らせが届くようになります。鳴き声の大きさを設定できるので、もっともボリュームが大きい部分に合わせてみました。

image4

外出中にLIVEで見ていたのですが、家中をウロウロしてまったく吠える様子がない愛犬……今回は、この機能の出番はありませんでした。少し、複雑な気持ちに(笑)

image5

全体を見渡すには高い位置に設置するのが良かったですが、愛犬の顔を見たい場合は低い位置がオススメ。個人的には可愛い表情がくっきり見える低い位置がお気に入りです。ちょっとした仕草まで大きく映し出されるのが、このカメラのすごいところだと実感しました!

「フェイスショットボタン」機能を使ってみると…

続いて、設定にある「フェイスショットボタン」をONにしてみました。すると、カメラ近くに愛犬の顔が映ると、勝手に写真を撮影してくれるように!

image6

こんなカメラ目線のショットが撮れました! 普段は見られない、レアな写真で嬉しくなりました♪

「家族目線」を使ってみて感じたことまとめ

外出中のペットの様子だけでなく、就寝中の子どもの様子を見守りたくて、これまでもカメラセンサーを買おうかと色々探していました。けれど、当時は思うようなカメラが見当たらず諦めかけていました。
しかし、この「家族目線」だと、

①コンパクトな本体と柔軟な設置方法
②音や映像も綺麗に見える
③価格も買いやすく機能も充実

と、これまでの不満を解消してくれる商品で、これからもずっと使っていきたいと感じました!

試しに、就寝中の息子の様子も撮影してみました!

image7

私たち夫婦とは少し離れた部屋で寝ている息子。寝相が悪く、ベッドから落ちることもよくあるため、いつも様子をこまめに見に行っていました。しかし、このカメラがあればその手間が省けて、安心して眠りにつくことができました。

カメラセンサー本体は同じですが、「家族目線 あかちゃん」という子供の見守り専用のアプリがあります。こちらを使用すると、あかちゃんの声やしぐさを読み取って「本気泣き」になる前にお知らせが届いたりするのです!

私自身が、子供と部屋が離れていても安心して眠れるようになり、以前よりも夫婦2人の時間が持てました。育児だけでなく家事や仕事も抱えていて、毎日忙しい私にとっては本当に嬉しいサービスです。

image8

スマートフォンからいつでもどこでも簡単に、このような写真が撮影できます。これもペットに引き続き、滅多に撮れないレアな写真なので、永久保存版に決定です♪

センシング機能搭載で、ペット・子ども・シニアまで見守ることができる!

「家族目線」には、顔・手・音声・動体・人体・ペットといった13種類もの動きに反応する機能があります。そのため、ペットや赤ちゃんだけでなく、シニアの方の見守りとして活用する方も多いようです。私は、自分と同じような悩みを抱えているママ友に薦めたいと感じました。

さらに驚きの機能としては、表情の動きを毎日記録したり、「共有ユーザー」を設定すると家族間や友人と見守ることができたりするのです!遠く離れて暮らす祖父母が、リアルタイムで子供の様子を見守ることもできるということですね。

家族構成や世代によって「家族目線」の使い方は様々だと思いますが、きっと新たな発見が見つかると思いますよ♪

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
つぼいえみ

つぼいえみ

2009年NPO団体を設立。子育て支援から自育支援活動として、子供を育てながら自分磨きができるようなNPO活動をし、現在はさまざまな経歴、体験をもつ1児の母として、日々活動中。