ライフスタイル

「iPhoneが壊れた?」修理に出す前に保証期間や保証内容を確認しよう!

2018. Nov. 11

BY スギモトアイ

「あれ、急に動かなくなっちゃった?」、iPhoneに限らずスマートフォンユーザーであれば誰しもが一度は「もしかして、スマホ壊れた?」という現象を経験しているのではないでしょうか。ここではiPhoneユーザーに向けて、Apple Storeへ持ち込む前に確認してほしい保証内容についてご紹介します。

まずはApple公式サイトにアクセス

もし「iPhoneが壊れたかも…」と思ったとき、まずは焦らずにApple公式サイト「保証状況の確認」にアクセスしましょう。製品のシリアル番号と画面に表示されるコードを入力することでログインできます。

なおアクセス時に求められるシリアル番号は、iPhone内の設定>一般>情報に記載されています。

端末が各種保証のサポート対象かを確認

ここでは、自身の端末が各種サポートに対応しているかが見られます。確認できる項目は「購入日」、「無償電話サポート対象の有無とその期間」、「修理サービス保証対象の有無とその期間」以下の3つです。

下の画像を見てもらうとわかるように、今回の場合は、電話サポートも修理サービス保証期間もすでに終了していることが分かります。

なおほとんどのApple製品に対して、1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。さらに、Apple Careという購入時のみ加入可能な保証に入っている人は、それよりも長い期間保証を受けることが可能です。Apple Careの詳しい説明については公式サイトをご覧ください。

「対象期間」だった場合はどうなるの?

もし「対象」の項目があった場合には、無料もしくは通常よりも安い金額で修理・交換対応をしてもらえます。あくまでもiPhone不具合の場合のみの対応となるため、過失や事故の場合については通常の修理金額が発生する可能性があります。詳細についてはApple Storeなどでスタッフに確認してください。

シリアル番号がわからない場合は?

中には「電源が入らない」などの理由で設定からiPhoneのシリアル番号を確認できないというケースもあるかと思います。そんなときは「SIMトレイを確認」または「本体の背面を確認」のどちらかを使えば、シリアル番号の代わりにサポート相談時に使用可能なIMEI/MEIDを確認ができます。なおiPhoneの世代によってIMEI/MEIDの記載場所が異なります。

SIMトレイを確認

iPhone6sや6sPlus、iPhone7以上の世代の場合には、SIMトレイに書かれているIMEI/MEIDを確認しましょう。

本体の背面を確認

iPhone5からiPhone6や6Plusまでの世代の場合には、本体の背面に書かれているIMEI/MEIDを確認しましょう。なおiPadやiPod touchも同じ場所で確認できます。

iTunesから確認

もしPCに接続できる環境にいる場合には、iTunesからシリアル番号を確認する方法があります。iOSのデバイスをPCに接続した状態でiTunesにアクセスします。概要をクリックすると、シリアル番号がチェックできます。

本体が入っていた箱から確認

また本体の空箱に貼ってある、バーコードラベルにもシリアル番号とIMEI/MEIDが記載されています。なおiPadやiPod touchも同じ仕様です。

ぜひシリアル番号の確認方法を覚えておき、とっさの事態にも焦らないようにしましょう。

※2018年11月11日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。
  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail