ライフスタイル

iPhoneの画面録画機能を徹底解説!設定と内部音声の収録方法も!

2018. Aug. 20

BY Mugi

iPhoneでアプリなどの画面を録画して、友達と共有したりYouTubeにアップしたりしたいと思ったことはありませんか?実はそれ、iOS11から追加された新機能「画面録画」を使えば簡単に出来るんです!今回はその方法を詳しくご紹介します♪

 

「画面収録」ってどんな機能なの?

家族にiPhoneの操作方法を教えてあげたいけれど、口頭や画面のスクリーンショットだけでは上手く伝えられない時ってありますよね。そんな時に役立つのがこの「画面収録」機能。画面を実際に録画できるので、操作手順を動画で送ってあげることが出来るんです。他にもアプリゲームのプレイ画面をYouTubeにアップ出来たり、この機能を使いこなせばiPhoneの楽しみ方が今よりもっと広がりますよ!

「画面収録」のやり方

まずこの「画面収録」機能は、iPhone5s以上に対応しているiOS11で追加されたものです。お手持ちのiPhoneのバージョンがiOS11未満の方は事前にアップデートしておく必要があります。

ではさっそく画面を録画する手順をご紹介しましょう。まずは下準備です。

「設定」画面を開き、「コントロールセンター」「コントロールをカスタマイズ」の順にタップします。

続いて、「画面収録」の左にある「+」をタップします。

これで「画面収録」機能がコントロールセンターに追加されました。

実際に録画を開始したい時は、iPhoneの画面下部を上にスクロールすると出てくるスマート設定画面の左下、◎のマークをタップします。すると3秒前からのカウントダウンののち、画面録画が始まります。

録画中はこのように画面上部に赤いステータスバーが表示されます。(この画面はiPhoneXですが、iPhoneの機種によって多少表示の仕方が変わります)録画を終了したい時は、このステータスバーをタップするかコントロールセンターの「画面録画」ボタンをタップします。

こちらが実際に「hintos」を検索してサイト内を閲覧している様子を録画した動画です。

 

自分の音声も一緒に収録できる!

この「画面録画」機能は、普通に録画するとスマホの内部音(操作音やアプリの音、ゲームのサウンドなど)が録音されます。さらに設定を変えることによって、外部音(自分の声などスマホの外からの音)を録音することも可能なんです!ではそのやり方をご紹介しましょう。まずは録画する時にタップする◎マークを長押しします。すると右のような画面が出てきます。

この「マイクオーディオ・オフ」というボタンをタップすると、

色が赤くなり「マイクオーディオ・オン」になりました。この状態で録画をすると外部音声が録音されます。(内部音はオフになります)スマホの操作説明に音声を加えたりゲーム動画の実況をしたり、使いこなせるととても便利な機能ですよね!ちなみに、内部音を録音したくない時はマナーモードに、外部音を録音したくない時には先ほどの設定をオフにしておきましょう。

「画面収録」が上手くいかない時は?

とても便利な「画面録画」機能ですが、まれに上手くいかない時もあるようです。いくつかの原因が考えられますで、それぞれの対処方法をご紹介しましょう。

まずは機能制限がかかっている場合です。

「設定」「一般」「機能制限」と順にタップし、「画面収録」の項目がオンになっていたらそちらをオフに切り替えましょう。

次にiPhone画面がミラーリング中(iPhoneiPadの画面をテレビに映せる機能)になっている場合です。

黄色い四角で囲んだ「画面ミラーリング」という項目がONになっていると録画ボタンを押すことが出来なくなるので、こちらをオフにしましょう。

最後に対象アプリが録画禁止である場合です。

NetFlixHuluなどのコンテンツでは録画が禁止されているようです。この場合は対処のしようがないのであきらめるしかなさそうですね。

 

「画面収録」機能はあらゆる場面で大活躍!

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した「画面収録」機能は、スマホゲームの実況や操作説明だけでなく、今流行りのHowTo動画の作成などにも大活躍しそうですね!ぜひあなたも使いこなしてみてくださいね♪

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail