ライフスタイル

効率的なスケジュール管理を!iPhoneとGoogleでカレンダーを同期する方法

2018. Jul. 15

BY Mugi

最近は紙ではなくデジタルでスケジュール管理をしている方も多いですよね。筆者はiPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーの両方を利用しているのですが、実はこの異なる二つのツール、同期して管理することが出来ることをご存知でしたか?今回はその方法をご紹介します♪

 iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーを同期するメリットは?

iPhoneのカレンダーに入れた予定を他の端末でも見たい時ってありますよね?今回ご紹介するGoogleカレンダーとの同期作業をしておけば、iPhoneの予定をPCやiPadなどでも確認することが出来てとっても便利ですよ!

同期方法の手順をご紹介

ではさっそく、iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーをどのように同期させるのか詳しい手順をご紹介しましょう。まずは同期したいGoogleカレンダーのアカウントをiPhoneに追加します。

「設定」から「アカウントとパスワード」、「アカウントを追加」を順にタップします。

するとこのような画面になりますので、「Google」を選択しましょう。

次にGoogleアカウントのメールアドレス、パスワードを順に入力します。(Googleカレンダーの利用には事前に公式サイトでGoogleのアカウントを取得しておく必要があります)

最後にカレンダーの項目がオンになっていることを確認し、保存をタップします。

これでGoogleのアカウントがiPhoneに登録されました!

次はカレンダーに同期します。iPhoneのカレンダーアプリを開き、中央下にある「カレンダー」をタップし、Gmailのアカウントにチェックを入れ完了をタップします。

これでチェックを入れたGoogleカレンダーがiPhoneのカレンダーに同期されました!

iPhoneのカレンダーから予定を登録する時は?

カレンダーアプリを開いて右上の+をタップし、予定を入力したら続けて右上の追加をタップします。

すでに同期されているので、このようにいつも通りiPhoneのカレンダー上で予定を登録するだけで、Googleカレンダーでも共有して見ることが出来ますよ。

同期でスケジュール管理がもっと便利に♪

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した方法でiPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーを同期して、ぜひスマートで円滑なスケジュール管理を目指してくださいね!

※2018年07月15日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。
  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail