コミュニケーション

写真の共有やバックアップに大活躍!iCloudの得する使い方とは?

2018. May. 25

iPhoneユーザーならば、iCloud(アイクラウド)という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。でも正直、どのようなものなのか、よくわかっていないなんて方も多いのでは? 実はこのiCloud、かなり便利なんです! そこで今回は、iCloudの基本的な使い方を説明します。

そもそもiCloudってなに?設定方法は?

iCloudとは、Appleが提供しているクラウドサービスの名称です。端末と同期することで、端末上の様々なデータをネット上に保存でき、変更もリアルタイムで反映されるという優れもの。また他にも、「iPhoneを探す」機能やWebサイトのユーザーIDやパスワードを記録する「iCloudキーチェーン」などのサービスが含まれています。

iCloudを利用したい場合は、利用端末でiCloudを設定する必要があります。

手順は、「設定」iCloud」と進み、Apple IDとパスワードを入力。「サインイン」をすることで完了します。

iCloudのストレージ容量とアップグレード料金は?

iCloud5GBまでのストレージ容量は無料で利用することができます。もし端末数やデータ量が増えて、5Bで足りなくなった場合は、有料プランへアップグレードすることができます。有料プランの料金は、税込50GBで月額130円、200GBで月額400円、2TBで月額1300円となっています。

ストレージ容量を増やしたい場合は、「設定」からユーザー名をタップし

iCloud「ストレージを管理」「ストレージプランを変更」から行うことができます。

写真のバックアップと復元の仕方は?

iCloudと端末を同期していれば、写真は自動にバックアップされます。また「設定」を開き、アカウントネームをタッチ、「iCloud」と進むことで、アプリごとにiCloudでのバックアップのオン・オフを設定することができます。

またバックアップは一日一回、自動で行われますが、「iCloudiCloudバックアップ」「今すぐバックアップを作成」から、手動で行うこともできます。

 

データを復元する際は、iPhoneを一度、リセットする必要があります。

「設定」から「一般」「リセット」「すべてのコンテンツと設定を消去」と進みます。

リセット終了後、iOS設定アシスタントが表示されるので、指示に従って、復元を行うことができます。

意外と知られていないiCloudで写真を共有する方法とは?

友人や家族と写真を共有したいという時に役立つのが、「写真共有」機能です。「写真共有」機能では、選択した写真や動画を特定のメンバーにのみ公開することが可能。また公開設定をオンにしてURLを知らせれば、不特定多数の人に公開することもできます。

まずは、「iCloud」から「写真」を選択し、「iCloud写真共有」のバナーをONにします。そこまでしたら準備完了です。

 

次に「写真」アプリを開いて、「共有」を選択。左上の「+」マークをタップし、アルバム名を決めて、「次へ」をタップ。

宛先に共有したい人物のApple IDを入力して「作成」を押せば、共有アルバム作成が完了します。

あとは、共有したい写真や動画をアップロードするだけです。また相手がアップロードした写真や動画なども、そのアルバムに表示されます。

他にも、「共有」の左上にある「+」マークからアルバムの数を増やしたり、アルバム内の「+」から写真の追加、「メンバー」から共有メンバーの追加などが後からでもできます。

なお、一つのアルバムに保存できる写真とビデオは合計5000件で、100個までアルバムは作れるのだとか。つまりなんと最大50万件の写真や画像を保存することができるということになります。加えて、「共有」にアップロードされた写真やビデオの容量は、iCloudのストレージを消費しないようなので、積極的に使っていきたいですね。

以上、バックアップや写真の共有など、iCloudの基本的な使い方を紹介しました。つかいこなせれば大変便利なこの機能、ぜひ試してみてください!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail