コミュニケーション

相手の居場所が一目で分かる!Googleマップでリアルタイムに居場所を共有しあう方法とは

2018. May. 10

迷子の時の救世主!Googleマップの新機能「現在地の共有」がリリース

待ち合わせの時や、迷子になっちゃった時、「今私はココにいます!」というのを正確に相手に伝えられたら便利だなあ…と思ったことはありませんか?
それがGoogleマップのスマホアプリでも簡単にできるようになりました! リアルタイムで居場所を共有できる新機能がスタートしたんです。
おそらくほとんどの人がスマホに入れているGoogleマップのアプリ。この機能は相手を選ばず便利に使えそうです。
早速どうやって使うのかチェックしましょう!

共有方法は3ステップ!

ステップ1「機能をメニューから選択」

まずはGoogleマップを起動して、メニューアイコンをタップ。そして、メニュー内の「現在地の共有」をタップします。出てきた画面で「使ってみる」をタップ。

ステップ2「共有する時間を選択」

下からポップアップが出てくるので、この機能を有効にする時間を選びましょう。最短15分~最長3日まで選択でき、時間が来れば自動でオフになります。時間を選択せずに「オフにするまで」を選ぶと、オフしない限りずっと、自分の現在地が相手から閲覧可能な状態になります。

ステップ3「共有の方法を選択」

次に、共有の方法を選択します。
「ユーザーを選択」では、アドレス帳に登録されている相手に共有します。
LINEやSMS、そのほかのアプリでも共有可能です。

これで相手に自分の現在地を共有できました!
それでは、現在地の共有を受けた相手はどのような操作をするのでしょうか?

共有された人はどうする?

ここでは、LINE経由で「現在地の共有」を受け取った人の操作を見てみます。
LINEのトーク画面に共有URLのメッセージが届いています。

URLをタップするとGoogleマップアプリが起動し、現在地がマップ上に青いマークで表示されています。

また、「現在地を共有」をタップすれば、お互いの現在地を共有しあうことができます。

注意するポイント

ロケーション履歴を有効にしよう

「ロケーション履歴」とは、位置情報を記録し続ける機能です。有効にしていないと現在地をリアルタイムで更新することができません。
有効になっていない場合、「現在地の共有」機能を使い始めるときにメッセージが表示されるので、メッセージの指示に従って設定を変更しましょう。メッセージが表示されない方はすでに有効になっているので、そのまま使ってOK。

PCでは自分の現在地を共有できません

PCでは、共有されている他の人の現在地は確認できますが、自分の現在地を相手に共有することはできません。

共有する時間は必要な長さだけ設定しよう

この機能がONになっているときは、常に現在地が相手にわかってしまいます。プライバシーや安全を考えると、必要な時間だけ設定しておくとよいでしょう。「オフにするまで」という設定もできますが、切り忘れを考えると時間設定をするほうが良さそう。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail