ライフスタイル

地味に忘れがち!おさらいしたい「iPhoneカメラの基礎知識」~フラッシュ編~

2018. May. 3

BY あつし さん

Instagramをはじめ、LINETwitterFacebook……。さまざまなアプリにカメラ機能が付いていることもあって「最近、iPhoneに標準で入っているカメラアプリの出番が少ない」という人もいるのでは? そこで今回は、しばらく使っていないと忘れてしまいそうな(?)iPhoneのフラッシュについて、おさらいしてみたいと思います!

今って「オン」?「オフ」? フラッシュの設定は、ここで見分けよう

iPhoneカメラアプリの撮影画面で、左上にある稲妻のようなアイコンが、フラッシュのアイコンです。フラッシュの設定は、「自動」「オン」「オフ」の3種類だけ。アイコンを見れば、「今のフラッシュの設定」が分かります。

フラッシュアイコンが白くなっている「自動」

撮影時の状況(明暗)を判断して、自動でフラッシュを発動してくれます。撮影画面の黄色い表示は、「周りが暗いからフラッシュを発動しますよー」の合図。何も表示がなければ、シャッターボタンを押してもフラッシュは発動しません。

アイコンが黄色くなっている「オン」

撮影時の状況(明暗)に関係なく、強制的にフラッシュを発動してくれます。(シャッターボタン押しっぱなしで高速連写する「バースト」では、フラッシュは光りません)

アイコンに斜線が入っている「オフ」

撮影時の状況(明暗)に関係なく、フラッシュを発動しません。

フラッシュの設定を切り替えるには?

フラッシュのアイコンをタップすると「自動」「オン」「オフ」の表示が表れるので、設定したいものをタップ。文字が黄色く変わったら切り替え完了です。

「オン」にしたフラッシュが「オフ」になることがある?

「オンにした後、設定を変えていないのに、いつの間にかオフになっていた」。もしかしたら、フラッシュマークの隣にある「HDR」の仕業かも。故障でも超常現象でもありません。

そのため、「HDR」を「オン」にすると、フラッシュが強制的に「オフ」状態に切り替わってしまいます。というのも「HDRHigh Dynamic Range)」は、「肉眼で見ている自然な感じに近づけますよー」という機能だから。撮影しやすくるため無理矢理(?)被写体に光を当てるフラッシュとは、両立できない機能なのです。

カメラに詳しくなければ、フラッシュもHDRも「自動」でOK。あれこれ設定をいじるよりも、「自動」の設定で手ブレしないことに集中したほうが、良い写真が撮れるのではと個人的には思ったりします。参考になれば嬉しいです。

※2018年05月03日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。
  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

KEYWORDS