趣味・エンタメ

iPhoneのバッテリーを交換するならイマ!?お得に交換できる理由とは

2018. Mar. 28

最近、iPhoneのパフォーマンスが低下している。充電の減りが以前に比べ、だいぶ早くなっている。そのような現象が見られたら、バッテリーが寿命に近づいているのかもしれません。iPhoneはAndroidと違い、バッテリーが内蔵されているため、自分で交換することができません。そこで今回は、iPhoneのバッテリー交換方法について紹介します。

そもそもiPhoneのバッテリー交換時期はいつなのでしょう?
現状、iPhoneのバッテリー状態を診断するには、オンライン相談サービスを利用する方法とApple Storeなどの店舗に持っていく方法の主に2種類があります。

オンライン相談サービスを利用したい場合は、こちらのページから、「iPhone」→「バッテリー、電源、および充電」→「バッテリー交換」→「今すぐアドバイザーと話がしたい」または「チャット」で通常五分以内の待ち時間で対応してもらえるようです。
なお、時間帯によっては対応していない時もあるので注意してください。。

また2018年春に配信予定のiOS11.3では、使用しているiPhoneの設定機能から簡単に現在のバッテリー状態をパーセンテージ表記で確認できるようになるそうです。

iOS11.3について

どうやったらバッテリー交換できるの? 今がお得?!

出典:https://getsupport.apple.com

 

先ほども述べたように、Androidと違い、iPhoneのバッテリーを自分で交換することはできません。もしバッテリーを交換したい場合は、AppStoreか大手電気屋などのAppleが連携している対応店にiPhoneを持っていくか、ヤマトに集荷してもらい、Appleのサービスセンターに配送する方法があります。

店舗に持ち寄った場合、状況次第では、当日・初期化なしでバッテリーを交換できることもあるそうですが、やはり念のためバッグアップを取っておくのがいいでしょう。

パソコンでiPhoneのバッグアップを取る方法は以前、hintosでも紹介しました。

【iPhoneバックアップについての過去記事はこちら

また気になるバッテリー交換費用ですが、元は8,800円だったところ、2018年いっぱいまで3,200円にすることをAppleが発表しました!
なんと5,600円もの減額!

iPhoneのバッテリーは消耗品で、遅くても3年をめどに交換した方がよいそう。
まだ大丈夫という人も、お得な今年中に一度、交換しておいた方がいいかもしれませんね。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail