アウトドア・ホビー

これぞ大人版チェキ!お洒落なスクエア写真が撮れるinstax SQUARE SQ6って?

2018. Jun. 30

BY 岩田直子

(2/2ページ)

二重露光モードとは?

そして、面白いのが、「二重露光モード」

二重露光とは何かというと、一枚のフィルムに2つの画像を重ねることができるのです。デジタルであればPhotoshopを使ってもできますが、SQ6は撮影段階でそれができるのがポイント。

モードを二重露光モードにして、まず1カット目の撮影をします。2カット目の撮影をするまでは、モードのランプが点滅します。この間に2カット目を撮影。そうすると重ねて写し込まれた写真がでてきます。
今回は窓に映る自分と、木のシルエットを重ねて撮ってみました!

二重露光撮影で感じた事は、なかなか難しい!
出来上がりのイメージをしながら撮影してみますが、なかなか思い通りにいかず、余計にやる気が出てしまいました。

フィルムカメラのようなアナログ感が◎

SQ10は、デジタル技術を搭載しているのでデータの保存や、写真を選んでプリントすることもできますし、画像の編集・加工も自由自在だから、想いのままに楽しめるのが特徴。

一方で、SQ6は、デジタルで保存される機能はありません。そのため後から加工じゃなくて、撮影時には「こんなイメージの写真にしたい!」を先に考えて、撮影するのです。まさしく、フィルムカメラ気分!
デジタルが横行している今の世の中では、一発勝負のカメラって、緊張感があっていいなあと思いました。
もっと被写体と向き合える気がするし、無駄打ちしない。仕事でもデジタル一眼レフカメラを使っている私としては、新鮮な体験でした。

写真をデータで楽しむのもいいですが、手元に残るプリントってやっぱり特別な気がします。旅行に行くと私も何千と写真を撮影しますが、特に整理せずそのままになっちゃうことも多々あるんですよね。
それに比べてSQ6を持ち歩いて旅や散歩をすると、「あ、すてきだな、残したいな」と思ったその時の瞬間を、その空気感のまま、即座にプリントできるんです。フィルムカメラのような温かみのある独特の質感も味わい深くて気に入ってしまいました。

おしゃれなボディで、スクエアの写真。即座にプリントされるわくわく感。スマホカメラとはひと味違う世界観を試してみませんか?これからの季節。被写体は無限大です!

  • 1
  • 2
※2018年06月30日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail