趣味・エンタメ

Instagram非公開アカウントでも気をつけたいポイントはこれ!

2017. Jul. 27

数あるSNSの中でも大人気のInstagram。アカウントを非公開にして、プライベートな投稿を楽しんでいる方も多いでしょう。
そういう場合、ハッシュタグは検索結果に反映されるのでしょうか? 今回は、非公開アカウントのハッシュタグとの関係や、気を付けたいポイントなどをご紹介します!

そもそも非公開アカウントとは?


簡単に言えば、自分が許可したフォロワーだけが投稿を見られる設定にすることです。親しい人とだけ交流できるので、気兼ねなくInstagramを楽しむことができますよね。
ちなみに、自分のアカウントを非公開にしたい時はオプションから簡単に設定できます。

気になるハッシュタグは?

非公開アカウントの場合、投稿にハッシュタグをつけても、検索対象になりません。そのため、フォロー外の人がハッシュタグ検索をしても、自分の投稿を見られる心配はありません。

例えば、このように「#我が家のパキラには2匹のフクロウ」とハッシュタグを付けて投稿、検索してみると…公開投稿0件となっています。
外部の人には検索結果にも表示されない仕様になっており、もちろんプロフィールページも非公開ですので、安心して利用できますよね。

リポストされるとどうなるの?

あまり知られていませんが、気を付けたいのがこの「リポスト」。
あなたのフォロワーがアプリを使ってInstagramの投稿をリポストすれば、あなたが非公開で投稿したものが、全く知らない人にも見られるようになってしまいます。
投稿の非公開を徹底したいのであれば、フォローするのは本当に信用できる人だけにした方が良いかもしれませんね。

ユーザー名や自己紹介文は非公開でも見られるの?

答えはイエス。非公開アカウントは他人から見るとこのように表示されます。

ユーザー名のほか、自己紹介文、投稿数、フォロワー数、フォロー数が見られる仕様になっています。個人を特定されたくないのであれば、ユーザー名を本名にするのは避けるべきでしょう。
また、自分のプロフィール画像もフォロー外のユーザーに表示されます。こちらも、自撮り写真は避けるなどの注意が必要かもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?非公開アカウントだからといって安心は禁物です!
非公開だと何が守られて、何が表示されてしまうのか、よく理解してInstagramを快適に楽しんでくださいね!

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail