趣味・エンタメ S__50896901_waifu2x_photo_noise2_scale_tta_1

【前編】「いいね!」がもらえる写真のコツとは?人気Instagrammerを徹底取材!

2016.10.04

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
S__50896901_waifu2x_photo_noise2_scale_tta_1

ハイセンスな画像から、旬の情報をいち早くキャッチできるアプリ「Instagram」。芸能人やモデルがやっているというイメージが強いですが、一般人でも多くのフォロワーを抱えるカリスマ的存在も。

一体、どんな写真を投稿すれば「いいね!」がたくさんもらえるのでしょうか? SNSで人気者になりたいアナタ、必見です。

どんな人の投稿が人気なの?

「インスタ=モデル」のイメージ通り、フォロワー数の多い有名人といえば、抜群のカリスマ性を誇る水原希子さんや、親しみやすく若いママに人気の木下優樹菜さん。また、芸人の渡辺直美さんは体型を生かしたユニークな写真が大人気で、とにかくインパクトがありますよね。

知名度の低い一般人が彼女たちほどのフォロワー数を獲得するのはなかなか難しそうですが、人気者になるにはいくつかコツがあるようです。今回は、総フォロワー数約2,350人の榮 樹実(さかえ じゅみ)さん(27歳)にお話を伺いました。

image2

育児もオシャレも妥協なし! 人気のママInstagrammerを直撃

この日は生後11ヶ月のお子さんを連れてインタビューに応じてくださいました。

「Instagramは最初、写真の加工をするためだけに使っていました。次第にちゃんと投稿していこうかなと思い始めてからは、自分の興味があるファッションや美容に関する投稿が多いですね。最近は親子コーデの投稿を多めにしようと思っていて、毎日服を選ぶのも楽しくなってきました」(榮さん)

榮さんのフォロワーは同世代の独身女性やママさんが多いのだとか。ちなみにこの日は、秋らしいグリーンを使った親子コーディネート。並ぶとグラデーションになっていて、さすがにオシャレさんです。
子育て中でもファッションを楽しみたい!という姿勢が若いママたちの共感を得ているのかもしれません。

image3

ご自身で投稿するだけでなく、情報収集も今はほとんどSNSからなのだそう。InstagramのほかにTwitterやブログも活用しているようですが、どのように使い分けているのでしょうか?

「Twitterは反応してもらわなくてもいいようなつぶやきを載せ、きちんとした記録をつけるためにはブログを使っています。でも、一番見て欲しいのはインスタなので、ブログにはインスタのURLを載せて、インスタに誘導するようにしています。インスタでボツにした写真を3~4枚ブログに載せたりもしますよ」(榮さん)

ブログにはInstagramのことを載せても、Instagramで書いた記事をそのままブログに載せるということはしないのだそう。「インスタを使っている子が一番多い」と肌で感じるのがその理由のようですが、他のSNSとの連携もフォロワー数を増やすための大切なポイントといえそうです。

今までで最も「いいね!」を集めた投稿とは?

では、実際に榮さんが行っている撮影テクニックにはどのようなものなのか、教えていただきましょう。

「単純に正面を向いて写真を撮るというよりは、自撮りでも『生活の一部を一瞬切り取った』という風に見えるように、ナチュラルさを大切にしています。自然な写真を撮るために、外出先ではベビーカーの上などに携帯を置き、セルフタイマーを使って連写します。動きを変えて何十枚も撮影し、一番良いものを選ぶのですが、同じような写真がフォルダ上に何枚もあるので、見られるとちょっと恥ずかしいですね(笑)」(榮さん)

赤やグリーンなど、目立つ色を写真に入れるようにしているのだそうです。特に、グリーンを写真の端に入れると「いいね!」が増えるのだとか。例えイミテーションでも少しグリーンが見切れているだけで、画面が明るく華やかになるのだといいます。簡単にできそうなので、是非真似してみたいですね!

image4
実際の投稿。確かに華やかで目をひきます

「いいね!」をしてくれた人のところに自分も「いいね!」を付けることで、次第にフォロワーが増えていったという榮さん。これまでで最も「いいね!」が集まったのは、出産直後のツーショット。

聖母のように神々しいお姿ですが、実はこの写真にはちょっとした裏話が。筆者はてっきり旦那様に撮ってもらったのかと思ったのですが、なんと分娩台の上で休憩中に自撮りしたらしいですよ!

どんな時でもフォロワーを忘れないプロ根性には感服いたしました。

image5
支持される写真の裏には見えない努力があるのです!

榮さんの写真は、光に包まれたような雰囲気が特徴的です。撮影した写真はすべて、かなり明るく加工しているのだそう。
中編では実際の加工テクニックや、Instagrammerとしてのお仕事の場を提供するSPIRIT(スピリット)をあわせてご紹介します!

取材先プロフィール

榮樹実 さん / 27歳、一児の母。化粧品会社で働いていたが、現在は育休中。最近気になるのは子供と一緒に行ける無料の遊び場スポットと離乳食。

SNSでシェアしよう

S__50896901_waifu2x_photo_noise2_scale_tta_1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
酒井理恵

酒井理恵

ライター、編集者。情報誌の編集として働く傍ら、美容・ファッション・健康関連記事の執筆を多く手掛ける。