ライフスタイル

あなたのデータは大丈夫? 写真やLINEはiColudにデータ移行するのがおすすめ

2018. Jun. 22

BY yukamaemura

「私のiPhoneはまだ大丈夫」と思っていても、故障や破損は突然やってくるもの。iPhoneを操作できなくなった時にはもう手遅れということにならないよう、日頃からこまめにバックアップをして大切なデータを守りましょう!

iCloudでデータをバックアップするには?

まずは余計なトラブルを防ぐためにiOSを最新の状態にアップデートしておきましょう。(古いバージョンのままバックアップをすると、新しいバージョンに対応できないことがあります
「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」「今すぐインストール」をタップ!


最新の状態に更新したらいよいよバックアップです!といっても難しいことはありません。必要な条件は、

  • Wi-Fi環境下であること
  • 機器が充電中であること

この二点。
その条件を満たした上で、「設定」「自分のアカウント名」をタップiCloudiCloudバックアップ」と進みます。

バックアップをONにしておき先ほどの二つの条件を満たしておけば、画面がロック状態の時、自動的にバックアップが開始されます。「今すぐバックアップを作成」を選択するとその後すぐに始めることもできますよ。バックアップが始まると、「残り時間を計算中」の画面に切り替わり

残り時間が表示されたら、正常にバックアップが進んでいる状態です!

一度設定をしておけば条件を満たした時に11回自動的にバックアップしてくれるので、忘れる心配もありません。

データを復元するには?

新しいiPhoneを買った時や予期せぬ事態によりiPhoneが初期化された時、新たに初期設定をやり直す必要があります。iPhoneユーザーならおそらく皆一度はやったことのあるこの設定。その途中で「iCloudバックアップから復元」という項目が出てくるので、そこを忘れずタップ!Apple IDとパスワードを入力すると以前のバックアップ履歴が表示され、それをもとに復元が始まります。

バックアップ時の注意点!

復元が終わったら、しっかりとデータが移行できているかチェックしましょう。ただし、一部のアプリは移行できないので注意が必要。再度App store からインストールし直す必要があります。

LINEのデータもしっかりとバックアップを!

連絡手段に欠かせないLINEのトーク履歴もしっかりとバックアップをしておきたいところ。こちらはiCloudで自動的にバックアップされないので、設定が必要です。まずはトラブルを防ぐためLINEを最新の状態にアップデートします。その後LINEのアプリから左上の「設定」「トーク」「トークのバックアップ」をタップ!

こちらも「今すぐバックアップ」を選択すると、すぐにバックアップが開始されます。

LINEのバックアップをする時はここに注意!

トーク内での画像やスタンプはバックアップや復元ができないので、必要なものはあらかじめ保存しておきましょう!

また、バックアップの際、iCloud Drive ONになっていないと正常に完了できないので、こちらも事前に確認しておきましょう。iCloud DriveONにするには、「設定」「自分のアカウント名」をタップiCloudiCloud Drive」から設定が可能です。

LINEのデータを復元するには?

この時もまず新しい端末でiCloud DriveONになっていることを確認してから始めましょう。LINEのアプリをインストールし初期設定を行っていくと、トーク履歴の復元画面が表示されるので「トーク履歴をバックアップから復元」を必ずタップ!これでバックアップされた全てのトーク履歴が復元されます!


復元は必ず初期設定のタイミングで!

トーク履歴を復元できるのは、この初期設定の時だけです。時間と充電に余裕を持って忘れずに復元するようにしましょう!またiCloud DriveONにしないままLINEの設定を始めてしまうと、この復元画面すら表示されないので、注意が必要です。

ついつい面倒になってしまうバックアップですが、自分のデータは自分で守ることが何より肝心!もしもの時に焦らないように、日頃から確認しておきましょう。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail