ライフスタイル

三つ折りにして持ち歩ける超小型キーボードで仕事もプライベートもスマートに!

2018. Oct. 22

BY spoon0123

(1/2ページ)

PCを常に持ち歩くのは重いけれど、出先でパッとメールを打てたら楽なのに…スマホやiPadなどのタブレットでもできますが、キーボードがなくて長文入力には不向き。そんなときにあると便利なのが、Bluetooth接続対応の折りたためるキーボード。

今回使用したのは、これまでワイヤレス機器などの製品を産み出してきた「iClever」のもの。新しく、ピンクローズカラーが新発売。女性らしい可愛いカラーで、働く女性の持ち運びにぴったり。そんなおすすめの可愛らしい折りたたみ式キーボード「BK-03」を使ってみました♩

キーボードのサイズは?どのくらい軽いの?

まず気になるのは、そのコンパクト具合。これまで、キーボードと言えばPC用のものしか触ったことがなかったので、折りたためる?どうやって?と、頭の中「???」な状態でした。それが、実際触ってみてびっくり。想像以上にとっても小さくて軽かったのです。

サイズは、長さがiPhone 8plusより少し短く、幅は少し大きいくらい、厚みは少し厚いくらいでほぼ同じ大きさです。そして重さは断然キーボードの方が軽いんです。
そのため、スマホとキーボードを重ねて片手で持ち歩いても全く違和感がありません。お財布とスマホを持つよりもよっぽど持ちやすいと思いました。ちなみに、ちょうどわたしのiPhoneの色と同じような色だったので、セット感がとてもかわいいなぁと思いました♩

iPhone8plusとキーボードを重ねてみた。色も同じでかわいい。

どうやってコンパクトになるの?

拡げるときは、観音開きにパカッパカッと開けるだけ。一瞬でキーボードが登場し、ストレスフリーに使い始めることができます。閉じるときは、マグネットでピタッピタッとくっ付いて気持ちいい。他で例えるのが難しいですが、なんとも未来的なのです。一度ペアリングしておけば、いちいち再登録しなくてもすぐ使えるのもいいところです。

キーボードとデバイスの繋げ方

使う前に、スマホやタブレットなどのデバイスとペアリングします。キーボードの「Fn」+「C」キーを長押ししてキーボード上部にある左側のLEDが青色に点滅したら、接続したいデバイスのBluetoothの設定画面に行き「iClever IC-BK03 Keyboard」を接続します。すると右側のLEDが緑に点灯しますので、これでペアリング完了です。使い終わってキーボードを折りたたむと自動で電源が切れて接続が解除されました。また使いたいときはキーボードを開くだけで自動で接続されるので、機械が苦手な私でも、本当に簡単でした♩

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail