ビューティ

気になる日焼けも疲れもこれ1台!スロージューサーで始める美肌習慣

2018. Mar. 28

BY spoon0123

紫外線が気になる季節におすすめの「飲む日焼けケア」って?

日に日に暖かくなり、待ちわびた春がやってきます。お花見やお出かけの計画を立てながらワクワクする季節。だけど、紫外線のことも忘れないで!
紫外線は、日差しの強い夏に多いイメージですが、春の紫外線(特に五月)は、夏とあまり変わらないそう。紫外線には2種類あり、日焼けを引き起こすUVAは紫外線の中で5%に過ぎず、残り95%の肌の老化を促すUVBは4,5月に急増するらしいです。

そんな日焼けのあとに、ビタミンCやポリフェノールなどの栄養素をたっぷり美味しく摂取して、体内からケアを始めてみませんか?
今回は、HUROM(ヒューロム)のスロージューサーH26を使って栄養素たっぷりのジュースを作ってみました!

 

そもそもスロージューサーとは

スロージューサーとはその名の通り、低速ジューサーのこと。一般的なミキサーやブレンダーが1分間当たり1万〜2万回転のところ、1分間当たり30回転ほどの低速でゆっくりジュースを作ります。熱がほとんど加わらないため栄養が損なわれず、酵素もしっかり摂ることが出来ます。こうして作ったジュースを「コールドプレスジュース」と言い、このジュースを使った健康法「ジュースクレンズ」は海外でとても人気で、少し前に日本でも話題となりました。

ミキサーで作るジュースとの違いって?

一般的なミキサーやブレンダーは、刃で野菜や果物などの材料を粉砕し、細かくします。例えばジュースを作ろうとすると、どうしても繊維が残ってしまい、ドロドロとした口当たりの悪いジュースに。更に、高速回転をする時の摩擦熱で酵素を壊してしまうので、せっかくの栄養を損なってしまいます。そこで、スロージューサーの登場です。野菜や果物を粉砕するのではなく、押しつぶすようなイメージで、最終的に水分と絞りカスが分かれて出てくるので、とても口当たりの良いサラッとしたジュースができるんです。

HUROM(ヒューロム)、スロージューサーH26を使ってみた

さっそくHUROM(ヒューロム)、スロージューサーH26を使ってみることに。
ミキサーと違い、パーツが多いなぁという印象でしたが、2回目からは説明書を見ないでも自分で簡単に組み立てられるようになりました!本体はずっしり重量感がありますが、洗浄する部分の取り外しは簡単ですし、スタイリッシュでかっこいい見た目なのでキッチンに出しっぱなしでも◎

ジュースの材料となる野菜や果物を、本体の投入口に入るくらいの大きさに切り、オレンジやレモンなどの柑橘類は、外皮を剥き、種を取り除きます。リンゴや人参など、皮に栄養があるものは、皮をきれいに洗いそのまま使います。皮を剥かなくていいなんて、それだけでも手軽で楽なのに、更に栄養価が高いと来たら!嬉しいことだらけですよね。

まずシンプルにオレンジジュースを作ってみた!

ミキサーやブレンダーは使ったことがありましたが、スロージューサーは初めて。まずは簡単に、自家製オレンジを使って、シンプルな100%オレンジジュースを作ってみました。

100%オレンジジュース

材料(一人分)
オレンジ:2個

一口飲んで「フレッシュ!」と言いたくなるような新鮮さ。甘酸っぱくてシンプルに美味しい。疲れた体にスッと入ってきます。ビタミンCをしっかり摂れるだけ小さな子どもにも安心して飲ませられますね。色もとてもきれいで、口当たりもさっぱり、とっても飲みやすいです。

野菜と果物を組み合わせた 野菜ジュースを作ってみた!

オレンジジュースがとっても美味しかったので、次に野菜ジュースを作ってみました。レシピ本も付属しているので、自分では思いつかない組み合わせを知れて嬉しい。
今回は、冷蔵庫にいつもあるような日頃よく使う野菜と果物を選んで、「5月病にぴったりのジュース」を作ってみました。

5月病を吹き飛ばす!小松菜とオレンジのフレッシュジュース

材料(一人分)
小松菜:1/2束
オレンジ:半分
キウイ:1個
リンゴ:半分

いわゆる「青汁」です。自分で作るのも飲むのも初めてだったので、入れた小松菜の量と、出来上がったジュースの色に少し戸惑いながらも、1口飲んだら驚き!!こんなにも美味しいなんて!見た目からは想像出来ないような野菜と果物の甘酸っぱさで、このジュースなら、葉物野菜が嫌いな娘もきっと飲んでくれるはずだと確信できました!

オレンジと小松菜で、不足すると、5月病特有の疲れやすさ、気だるさ、集中力の低下の原因となる、ビタミンB群とビタミンCをたっぷり摂れます。また、キウイにはトリプトファンという必須アミノ酸が多く含まれており、興奮やイライラを抑える効果があります。

キウイたっぷりフレッシュジュース

材料(一人分)
キウイ:2個
人参:半分
リンゴ:半分
レモン:1/4個

キウイ2個分!食べるのが大変でも、ジュースならあっという間に摂れてしまいます。酸っぱいのが苦手な方も、これならグイグイ飲めます!人参が半分も入っているなんて思えない飲みやすさ。硬い人参も皮のまま生で使えるので栄養満点◎
人参には、がんの予防や心筋梗塞、生活習慣病などに効果を発揮してくれる、β-カロテンが豊富に含まれています。キウイやレモンにはビタミンCがたっぷり。もちろん美容や美肌に役立つ栄養素なのですが、その他にも血液をサラサラにしたり、血中コレステロールの減少にもつながるので動脈硬化の予防などにも効果的なんです。毎朝の習慣にしたいですね。

ジューサーだけど、使い道はジュースだけじゃない!

スロージューサーという名前ですが、その活用方法はジュースだけではありません。スロージューサーはミキサーとは違い、液体と個体(搾りカス)に分かれて出てきます。その搾りカスは単なるゴミにするのではなく、料理に活用することが可能!
例えば生姜を使った場合、搾った汁はジンジャーエールに。搾りカスは餃子の具材に混ぜることによって、生姜の栄養を余すことなく、摂取することができます。他にも、コーンを投入すれば裏ごしなしでなめらかなスープに。また人参やリンゴなどの搾りカスをカレーに入れれば、人参嫌いな子どもも知らない内にぺろりと食べられそうです。工夫次第で、様々な使い方ができそうですね!

搾りカスにも栄養がたっぷり。水分は抜けているので料理にも使いやすい。

毎日気兼ねなく使える つかいやすさ。

音がとっても静かなので、家族が寝静まった夜でも起こしてしまう心配がありません。毎朝飲みたくても時間に余裕が無い方は、前日の夜に作っておくのも一つの手。(その時は冷蔵庫で保存し、3日以内に飲んで下さいね!)

部品はいくつかに分解できるので、隅々まで洗うことができます。ちなみに水洗いでほとんど落ちてくれました。搾りカスの出口付近は、カスがどうしてもたまってしまいますが、付属のブラシや細い棒などで簡単に掃除できました!

美肌やダイエット目的だけでなく、野菜嫌いの子どもや日ごろお疲れの旦那さんにもぜひ、スロージューサーで作った野菜ジュースを飲んで欲しいです。食べたもので、体は作られるから。家族みんなで、体の中からきれいになりましょう!

商品情報

ヒューロム スロージューサー H26
参考価格: ¥ 42,984

 

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail