ライフスタイル

レシピは白紙!?子供の主体性を育てる自宅料理レッスン「ハクシノレシピ」

2019. Mar. 4

BY nene

(2/2ページ)

野菜の切り方から盛り付けまで子どもがリーダーに

「包丁を使うときは猫の手!」「火は熱いから特に気をつける!」という約束を確認してから、キッチンで調理を開始。

調理中も、主役はやはり子ども。エプロン先生は子どもの様子を見守りつつ、年齢に合わせてサポートしたり、発見を促したりしてくれます。「トマトを切ってみよう…中が分かれてるね」「白菜は向きを変えて切ってみようか。どっちが切りやすい?」などのやり取りがたくさんあり、普段何気なくやっている調理にも学びのポイントがあるんだなあと親の私も気付かされました。

「ハンバーグには何が入ってる?」という先生からの問いかけに、「お肉と卵と…片栗粉?」と娘が答えたときは、横で見ていた私の方が焦りました!でも先生は動じることなく「じゃあ入れてみよう!」。用意していたパン粉や玉ねぎの出番はなく、片栗粉入りのハンバーグが出来上がることになりました。
エプロン先生いわく「よほどスゴイ組み合わせでない限りは、味付けなども子どもに任せます」とのこと。家のお手伝いではここまで自由にさせてあげられない…子どもを信頼してくれる先生の姿勢は心底ありがたいです!

子どもとエプロン先生が上手に役割分担しながら、順調に料理は完成していきました。食器選びや盛り付けも子どもが進めます。

料理が完成!振り返りも忘れずに

完成しました!今日の献立はハンバーグと付け合せのトマト、野菜炒め、トマトサラダ、白米のようです。

エプロン先生から「今日のメニューの名前は?」と尋ねられ、「野菜カーニバル!」と命名した娘は大満足の表情でした。

最後に振り返りの時間。調理前に出された「トマトを比べてみる」というミッションに対して、調理中に発見したことなどをシートに書き込んでいきます。エプロン先生からのコメントと大きな花マルももらって嬉しそう。
レッスンの最後にshow&tellというプレゼンテーションを行いますが、その様子を動画で撮影し、保護者に共有するサービスもあるそうですよ。

エプロン先生とは、ここでさようなら。作戦会議が20~30分、調理や片付けが1時間半、振り返りが10分ほどで、予定どおり約2時間で完了しました。

最後に娘と二人で、料理を頂きました。心配していた片栗粉入りハンバーグもとっても美味しかったです。娘は「すごく楽しかった!もっとやりたい。次はオムライスを作りたいな」と早くもやる気満々、料理に自信がついたようです。

株式会社Hacksii高橋さんに聞きました

ハクシノレシピを運営する株式会社Hacksiiの代表、高橋さんにサービスについて詳しいお話を伺いました。

ハクシノレシピを立ち上げた目的は?

これからの社会は、新しいアイデアを自ら生み出す力がより重要になってきます。そのためには、知識や技術を活用するための思考力や判断力、表現力が必要不可欠だと言われています。学校の勉強には正解がありますが、料理に正解はありません。適度な制約のもと、食材選びから盛り付けまで自由な発想で取り組める料理は、それらの力を育むのにとてもいい方法なんです。ハクシノレシピではお子さんの好奇心ややる気を大切にして、自分で考える力を育てることを目的としています。

どんな方が利用されていますか?

お子様を預かるベビーシッターとしてのニーズと、料理レッスンとしてのニーズは半々くらいです。「子どもと一緒に料理をしたいけどどう教えたらいいか分からない」という方や、「仕事で遅くなる日に子どもが一人で夕食をとるよりも、先生と温かい食事を食べてもらいたい」という方、また「小学校のお受験対策として料理や食材について学ばせたい」という方もいらっしゃいました。

エプロン先生はどんな方でしょうか

現在登録しているエプロン先生は15名ほどで、20~30代の女性が中心です。栄養士や保育士といった資格を持っている方も多いですが、入社後にも研修と実践テストをしっかり行っています。料理のスキルだけでなく、お子さんへの対応力をより重視しています。
エプロン先生は、学校の先生のような上下関係ではなくナナメの関係を目指しているんです。お子さんも親御さんも何でも気軽に相談できるような存在、家庭教育のパートナーでありたいと思っています。

4月からサービスリニューアル!

現在はβテスト期間中のため、サービスの対応エリアは関東近郊のみとのことでした。
また料金ですが、2019年4月にサービスがリニューアルし、カリキュラムに沿った定期プランになるそうです。
価格は月額12,980円~で都度利用もできるようですが、子どものレベルに沿ったレッスンができる定期利用がおすすめとのことです。プラン毎に料金が変わりますので詳細はホームページをチェックしてみてくださいね。

料理を通じて子どもの主体性が育つ

先生が自宅で料理を教えてくれるサービス、だと思っていたハクシノレシピ。でも実際には、いわゆる料理教室とはまったく違うものでした。子どもの主体性と、日常では見落としがちな気付きをとっても大切にしてくれる“教育の場”であることを実感。

料理を教えるだけなら普段のお手伝いでもできるかも知れませんが、子どものやる気を尊重しながら上手に導いてくれるのは、やっぱりプロの先生の力です。子どもの成長を感じることもできました。
また共働き家庭にとっては、帰宅すると食事ができているということも大きなメリット。しかも我が子が頑張って作ってくれたとなれば、家族にとって特別な味にもなります。
ハクシノレシピ、親にとっても子どもにとっても嬉しい体験になりました!

  • 1
  • 2

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail