アウトドア・ホビー

5,000円でスマホが360°カメラに!「ハコスコ PanoClip」を使って撮ってみた!

2018. Jul. 21

BY ぴろり

(2/2ページ)

実際にハコスコ PanoClipを使ってわかった5つの魅力!

①とにかく安い

有名な360°カメラのモデルと比較してみたのですが、やはり一番のポイントは安さだと思います。このクオリティーで5,000円以下は正直コスパ良すぎです。

②充電の必要なし

ハコスコ PanoClip自体がカメラではないため、充電は必要ありません。旅行中も、iPhoneだけ充電しておけばいいので気にせず持ち運べますよね

③スマホに写真の転送の必要なし

撮影したデータはそのままアプリでチェックできます。フィルターの変更、スタンプなど簡単な編集はその場でささっと可能。

360°カメラとスマホが分かれている場合は、写真を転送する必要があるので、スマホで撮った写真をすぐチェックできるのは嬉しかったです!

④SNSにシェアまでの導線が完璧

いい写真が撮れたらSNSにシェアしたくなりますよね。PanoClipのアプリはその導線までしっかり考えられています。

シェアしようとすると、音楽やエフェクト付きのアニメーションを作成してくれるんです!一見手をかけて編集したように見える動画ですが、こちらはなんと1タップで自動作成したもの。

 

Twitter、Instagram、Tik TokとシェアできるSNSの数が多いのも最高。
その場で編集して、すぐにシェアができるスピード感って今の時代において大事なポイントですよね。

⑤魚眼レンズとしても使える

これは完全におまけ機能です。iPhoneのデフォルトカメラアプリを起動すると、魚眼レンズとしても利用できることに気づきました。丸い写真が撮れるので、SNSのアイコンに使ってもいいかもしれません。

実際にハコスコ PanoClipを使ってわかった3つの気になった点

高価格の他社製品と比べて、質や機能面で劣る点もあったので書いていきます。

①前面カメラと背面カメラで画質の違いがある。
iPhoneの2つのカメラを用いて撮影するので、やはり背面カメラで撮った方が綺麗に映ります。暗いところで撮影すると特に画質の差が出てくるため注意です。

②動画は撮れない
iPhone自体が前面カメラと背面カメラで同時に動画を撮ることができないため、ハコスコ PanoClipでも動画を撮ることはできません。

アニメーション動画が自動作成できるので全然事足りました。

③iPhoneケースをつけたまま撮れない
iPhoneにケースやをつけたままだとハコスコ PanoClipが装着できない場合が多いため、基本的にはケースを外して利用する必要がありました。

このように気になる部分はありましたが、使っていてもそんなに支障はなかったため、5,000円以下にしてはかなり上出来な印象でした!

360°カメラが初心者にはちょうどいい選択肢

「高い」「難しそう」というイメージがありなかなか踏み出せなかった360°カメラですが、今回ハコスコ PanoClipで気軽に始められたことでその魅力にはまってしまいました。

Instagramにも360°カメラを使った写真はたくさんあがっているので、こういうスポットで撮ってみたい!と想像を膨らませるのも楽しかったです。

最初から何万も出すのは厳しいけど、360°の写真を撮ってみたいという初心者の方にはちょうどいい選択肢になりそうです!

  • 1
  • 2
※2018年07月21日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail