コミュニケーション

ヒット数が多すぎる!そんな時に使いたいGoogleの除外検索って?

2018. Jun. 7

Googleで調べたい事柄を検索したとき、検索結果があまりにも多くて困った経験はありませんか? また調べたいことの他に、関係のないワードがヒットして煩わしいと感じることもあるのではないでしょうか。そんなときに役立つ裏技が、Googleの除外検索です。今回は、その方法について紹介します。

検索結果ががらりと変化!Google除外検索って?

Googleで「A -B」と検索すると、「Aの検索結果」から「Bの検索結果」を除いた検索結果を表示することができます。例えばハワイの観光を検索するとします。

ハワイといえばのオアフ島が検索結果に出てきます。

そこで「ハワイ -オアフ島」と検索すると、「オアフ島」についての検索結果が除外され、次のように変化します。

なお、このとき、注意する必要があるのは、

  • マイナス記号(-)は半角のものを使うこと
  • 検索ワードA(今回はハワイ)と「-」の間には半角スペースを入れ、「-」と除外検索ワードB(今回はオアフ島)の間にはスペースを入れない 

ということです。

以上、Google除外検索について紹介しました。いざ困ったときに便利なこの裏技を覚えておくといつか役にたつかもしれませんね!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail