コミュニケーション

GoogleアカウントやGmailアドレスを忘れてしまった場合……どうする?!

2018. Sep. 2

BY 松本果歩

GoogleGmailはとても便利です。パソコンとスマホが連携しており、どちらの履歴も残るため、外出先でのメールチェックなどで良く利用しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、自動入力機能などを利用していて、Googleアカウント=メールアドレスを忘れてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。解決方法を見ていきましょう。

Googleアカウント=メールアドレスを忘れてしまった場合

まずはGoogleアカウント=メールアドレスを忘れてしまった場合です。
Googleにアクセスすると、いつもは自動でログインされるはずなのに、何かのきっかけでログアウトしている場合などは、以下の手順を試してみましょう。

Android端末がある場合

Android端末でもGoogleを利用している場合には、Android端末の「設定」「アカウントと同期」Google」から自分のGmailアドレスを確認することができます。

②上記の方法でAndroid端末から確認できなかった場合やAndroid端末を持っていない場合

Android端末から確認できなかった場合やAndroid端末を持っていない場合、普段Android端末ではGoogleを利用していない場合には、パソコンからGoogleにアクセスし、「メールアドレスを忘れた場合」をクリックしましょう。

メールアドレスを入力すると、登録の名前を入力する画面になり、その後電話番号のSMSに確認コードが送られてきます。この確認コードをその後出てくる画面に入力するとアカウント選択の画面になり、パスワードを入力すればログインできます。

パスワードを忘れてしまった場合

それでは、パスワードを忘れてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
この場合も同じくGoogleにアクセスし、「パスワードをお忘れの場合」をクリックします。

①認証用SMSが受け取れる(=端末が手元にある)場合

Googleアカウント=メールアドレスを忘れてしまった場合と同様に、これまでに設定したパスワードの中で覚えている最後のパスワード、の部分に登録している携帯電話番号を入力して確認コードをSMSで送ることができます。

他にも、Android端末を操作することでログインできる場合もあります。

②認証用SMSが受け取れない(=端末が手元にない)場合

しかし、認証用SMSが受け取れない場合には「別の方法を試す」をクリックしましょう。


すると、あらかじめGoogleに登録しておいた再設定用のメールアドレスに確認コードを送ることができます。また、セキュリティ保護用の質問に解凍することで対応することができる場合もあります。

アカウント、パスワードどちらも忘れてしまった場合

アカウント、パスワードどちらも忘れてしまった場合には方法はあるのでしょうか。もし他の端末やパソコンでログインしたことがあればその端末やパソコンでGoogleにアクセスしてみましょう。そうすれば、メールアドレスが確認できるはずです。

しかし、そういった端末やパソコンがないという場合には、アカウント、パスワードどちらも忘れてしまった場合から再度ログインすることはできません。忘れてしまいそうなときは事前にGoogleに予備の電話番号と再設定用のメールを登録しておくことで、別のアドレスを使用して再設定することができます。

仕事とプレイベートで複数アカウントを持っている場合などはアカウントとパスワードが混乱してしまいがちです。アカウントの管理や事前の対策はしっかりと行っておきましょう!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail