趣味・エンタメ

おしゃれネクタイ専門店giraffe(ジラフ)でものづくり♪ちびっこもOK!

2017. May. 25

ある休日、6歳の息子と訪れたのはおしゃれで個性的なネクタイの専門ブランド「giraffe(ジラフ)」の吉祥寺店。「ネクタイ」というと女性や子供にとってはちょっと縁遠い・・・?とも感じられますが、こちらのお店ではオリジナル生地を使ったワークショップも開催しているということで、息子と一緒に体験してみることにしました。

親子でネクタイ屋さんのワークショップに参加してみた!

カラフルな色柄のネクタイやキュートな小物がずらりと並んだgiraffe吉祥寺店。ネクタイをしない女性でも気分が上がる空間です♪今日はこんなおしゃれなお店で、giraffeのちびアイテムを作ることができるという「新・ちびgiraffeワークショップ」を体験します。

「新・ちびgiraffeワークショップ」で作れるものは?

こちらのアイテムの中から、作りたいものを自分で選ぶことができます。息子は大サイズの缶バッチ、私はちび蝶ネクタイブローチを作ることにしました。所要時間は40〜60分程度とのこと。

ちびっこでもOK。オリジナル缶バッチ作りを体験

缶バッチ(大サイズ・¥1,500+税)はミシンで縫う作業がないので子供にもおすすめとのこと。まずはたくさんのはぎれの中からバッチにしたい生地を選びます。ちなみに吉祥寺店ではこのはぎれを量り売りで購入することもできるんです。

生地を決めたら、バッチにしたい部分を決めてガイドに沿ってチャコペンで印付けをします。

お次は刺繍の色とフォント選び。息子は明るい色合いの生地を選んだので、文字が目立つように紺色で太めの文字を刺繍してもらうことにしました。

生地に刺繍枠をはめたら、デジタル刺繍ができるミシンにセット。位置や文字サイズを調整してスタートボタンをポチッとすれば刺繍開始です。

あっという間に文字ができていく様子が面白くて、釘付けになって見てしまいます!

刺繍が入った生地を最初に付けた印に沿ってカットします。シルクの生地はちょっと滑りやすいのですが、お店の方に手伝っていただいてうまく切ることができました。

裏側にアイロンで接着芯を付けて補強して…

缶バッジマシンにセットして二回プレスします。

なかなか力がいる模様…。

イニシャルの「K」が入ったオリジナル缶バッチが完成!早速胸につけさせてもらってご満悦です。「簡単だったし、自分で色々やらせてもらったのが楽しかった」と息子。

このあと私もちび蝶ネクタイブローチを作らせてもらうため、バッチ作りを終えた息子はしばらく休憩タイムです。すぐに退屈してしまう年頃の息子ですが、こちらのお店の一角にはカフェスペースもあり、ジュースを飲んでお絵描きをしながら待たせてもらうことができました。

ワークショップやお買い物の合間に一息つくことができるカフェスペース。日当たりもよくて心地よい!

プロが使っている職業用ミシンを使って作るちび蝶ネクタイブローチのレポートは後編でお届けします。父の日のギフトにおすすめなアイテムや他のワークショップのラインナップもご紹介しますのでぜひチェックしてくださいね!

このサービス使ってみたい?

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail