特集・インタビュー

透けるプリから動画まで!楽しすぎたアラサーの最新プリ機体験

2018. Nov. 25

BY matsuocaerico

(1/2ページ)

日本の女子中高生がみんな通ってきた道、”プリクラ”。プリ機市場をけん引する企業フリューにお邪魔してプリ機の開発秘話や歴史を伺いました。

前編へ>>

今回は、アラサーhintos編集部で最新プリ機を思いっきり楽しみながら最新プリ機事情をレポートします!

ツーショット推奨! ライトにこだわったPINKPINKMONSTER

フリュー広報さんが「大人女子におすすめ!」と教えてくれた プリ機PINKPINKMONSTERをまずはトライ。
スマホカメラやカメラアプリでもしっかり盛れる今、プリ機ならではの「閉ざされた空間での濃い思い出作り」や「撮影スタジオのような光の当て方」と撮影自体を楽しむ女子が多いのだそう。

PINKPINKMONSTERの中も確かに撮影スタジオのように超本格的なライトが。

入り口付近にはプリを全力で楽しむのに嬉しい「荷物かけ」。女子のかゆいところに手が届く、ユーザー視点に立った商品開発なのだと思いました。

このPINKPINKMONSTERは2人での撮影が推奨されていて、撮影時の2人の立つ場所も決まっています。しっかりと光の当たり方が計算されているんですね。

撮影スタートすると、久しぶりのプリ機独特の密閉空間にちょっとだけ緊張……!アナウンスに従い、ぎこちないながらもポーズをとります。

女子高生のころのようにキャピキャピはできないものの、久しぶりのプリ撮影の感覚にだんだん楽しくなっていきます。

撮影後は、落書きブースに移動です。大きな流れは昔と変わっていないのでスムーズに遊べました。PINKPINKMONSTERは、写真のような陰影のある写りが自慢。なので、落書きを最小限にして、オシャレに仕上げるのがおすすめなのだそう!
待ち時間に、プリ機の外観を背景にフォトジェニックな写真が撮れるような工夫もされているんです。

プリ機の前でも撮影を楽しめる!

どこまでもユーザー目線なフリューのプリ機・PINKPINKMONSTERの気になる仕上がりはこちら!

戸惑いながらの撮影でしたが、スマホでは出せない質感とナチュラル盛りが実現しました。
インスタにアップしやすいよう1つ1つの画像が正方形 の画像比率なのも◎。

透けるプリが撮れる! 透明感で盛るSUU.

続いてのプリ機、SUU.はなんとプリントされるシールが半透明!いままでカラフルでビビットな印象の強かったプリが、半透明になると一気に柔らかくふんわりとした仕上がりになるので人気を集めているそう。
さらに、SUU.は目の写りにこだわることができるのも特徴。

目を大きく丸くするだけでなく、濃くしたり涙ぶくろを作ることができるんです。撮影後にポンとタップするだけで劇的な変化が……!

こうしてできたプリがこちら。

かなりナチュラル盛りに成功?!しました。こんな風にプリを空にかざしてインスタにアップするのも流行っているのだそう。確かにかわいい。
プリをそのまま保存して思い出にできるのもいいですね!

プリ機自体で撮影を楽しむのはもちろん、できたシールや画像を使ってさらに遊ぶ……女子のアイディアと遊びごころの可能性は無限大だなあと改めて思います。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail