ライフスタイル

「失敗があったから」プリ機No.1企業に聞く|女子が”プリクラ”にハマる理由

2018. Nov. 24

BY matsuocaerico

(2/2ページ)

フリューの広報さんに聞く”プリクラ”の歴史から探る女子がハマる理由

登場人物

白石

フリュー株式会社・広報:白石さん

平野

フリュー株式会社・広報:平野さん


プリの歴史を教えてください。

平野さん ギャル全盛期の1998年、ギャルのテンションと全身でのプリ撮影がピッタリマッチし全身プリ のブームになりました。2000年前後は浜崎あゆみさんブームで、美白のプリ機が人気を集めます。 2003年以降、さらにバラエティ豊かなプリ機が続々と登場し、ガラケーでみんな楽しんでいた「前略プロフィール」の影響もあってか、プリ機の背景合成や落書きで「遊ぶ」のが主流になりました。 2006年ごろは、デカ目ブーム。2011年以降はアイドルブームで、ナチュラルに盛れるプリ機が流行しました。世の中のブームやトレンドと連動してプリ機も進化し続けているんです。



確かに昔のプリ帳を見ると当時はやったものやハマったものが分かります。
では、どんな風にその時流にぴったりのプリ機を生み出しているのでしょうか。

フリューでは、どうやってプリ機の企画開発をしているんですか?

平野さん フリューがプリ機の事業に参入したのは1997年、プリ の全盛期。 実は、フリューが初めて作ったプリ機が全く流行らなかったんです。(苦笑) 顔認識技術を搭載した最新技術の「似顔絵シール機」だったのですが、女子たちに響かず失敗……。弊社ではこの失敗を教訓にしていて、商品開発時には徹底的にリサーチをしてターゲットのトレンドやニーズと企画がズレないようにプリ機を作っています。 新しいプリ機を生み出すために、およそ1年前から企画・開発がスタート。週に1回以上ターゲットである女子高生にグループインタビューを実施して、1年後の女子高生たちに刺さるかどうかを探るんです。

私たちがプリにハマッたのは、徹底したマーケティングにあったんですね。
フリューには若年女性の流行を調査する「ガールズ総合研究所」があり、ダイソーとのコラボ商品開発など多岐にわたる取り組みを展開。
女子中高生の「今」を常に知っている企業と言っても過言ではないかもしれません。

今はどんなプリが流行っているのですか?

白石さん 2018年の今は、「なりたい顔になれる=盛れる」プリ機が人気です。女の子たちの好みも多様化されているので、個々に顔全体のバランスを整えたり、目の位置や形を調整したりすることができる最新の技術が投入されています。

スマホ(カメラアプリ)の普及により、プリントシール事業はどんな影響を受けましたか?

白石さん 近年の著しいスマホやカメラアプリの普及は、プリントシール事業にとって追い風だと考えています。プリを撮ることを楽しんでいた若い女性たちの間に、スマホで自撮りが普及し写真撮影慣れする子が増え、プリを撮る文化もさらに広がりました。 またプリ機の中でサプライズをする様子をカメラアプリで動画撮影したり、印刷したプリのシールをスマホで撮影してインスタにアップしたり、プリとスマホを組み合わせた新しい遊びを考え出し、みなさんそれぞれに楽しんでいますよ。 是非撮ってみてください!

撮ったら絶対楽しい! 最新プリ機を体験

せっかくなので10代はプリクラ全盛期だったアラサーhintos編集部で最新機種を楽しんでみることに……。
「何年ぶりだろう?」と思いながら、いざプリ機の中に入って光を浴びるとテンションアップ。映像の指示や音声に合わせてポーズをとっては撮影を楽しみました。

後編では、どんな仕上がりになるのか? 最近のプリ機の性能は?  いろいろ検証します! 「透ける」プリもご紹介。後編をお楽しみに。

  • 1
  • 2
※2018年11月24日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail