ライフスタイル

「失敗があったから」プリ機No.1企業に聞く|女子が”プリクラ”にハマる理由

2018. Nov. 24

BY matsuocaerico

(1/2ページ)

突然ですが、皆さんは中学生・高校生の頃、”プリクラ”たくさん撮りましたか?
こんな風に、放課後きゃっきゃしながら友だちと名前や日付など落書きをして楽しんだ思い出があるのではないでしょうか?

たくさん溜ったプリ帳にはいろんな歴史が詰まっていて、たまに見返すと懐かしさと恥ずかしさとで大変なことに……。

私たちが楽しんでいた”プリクラ”の機械=プリ機。
実はすごく精密で、最新技術と徹底したマーケティング調査やアイディアで作られているものなんです。
そして、プリ機は今もなお進歩を続けているんだそう!そんなプリ機について教えてもらうため、プリントシール業界No.1企業・フリューさんにお邪魔して聞いてきました!

プリントシール業界No.1企業・フリューに潜入!

フリューは、ゲームセンターなどのアミューズメント施設を中心に展開しているプリントシール機(以降プリ機)の企画・開発・製造・販売をしている企業です。
”プリクラ”最盛期の1997年にプリ機の展開を始め、「姫と小悪魔(2006年夏) 」「美人 –プレミアム-(2007年夏) 」などの大人気プリ機を輩出。以降女の子が夢中になるプリ機を世の中に生み出し続けています。

フリューのプリ機で撮ったプリをダウンロードできるサイト「ピクトリンク」の会員はなんと約1 ,400万人。※2018年3月末現在 フリュー株式会社調べ

本当に多くの女の子がフリューのプリ機で撮ってきているんです。
まずは、この写真を見るとフリューの技術力が一目でチェック。

 

撮影中・撮影後に顔や身体の細かい部分の加工や編集が行われ、わずか数分で綺麗な写真シールができてしまうプリ機。改めて考えてみれば、すごい画像処理能力……!!
フリューではプリントシール機開発にあたり、機器の設計プログラマーに加えて、光の当て方などを調整する専門スキルを持った「写りの調整者」がいるそうです。
今もなお技術革新が進み、女子たちを引き付ける秘密の1つはこの高い技術力なのです。

でも、そもそもなぜ女子たちはプリを撮るのでしょうか?
女子がハマる秘密をフリューの広報白石さんと平野さんに伺いました。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail