ライフスタイル

ふるさと納税を模擬体験!まずは限度額をシミュレーションしてみよう

2017. Dec. 29

ふるさと納税では、所得税や住民税が控除されますが、還付・控除が受けられる寄附額に上限が定められています。そこで、日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する「トラストバンク」の方に、控除金額をシミュレーションする方法についてうかがいました。

まずは2,000円の自己負担でできる寄附金額を知ることから

ふるさと納税によって還付・控除が受けられる寄附額の上限は、家族構成や年収によって変わってきます。なので、まず知っておきたいのが、実質2,000円の負担でできる自分の寄附金額です。

画像引用元:ふるさとチョイス

ふるさとチョイスのホームページには、「ふるさと納税上限額計算表」が掲載されています。2,000円の実質負担でできる寄附額の上限目安が、家族構成や年収ごとに調べられるので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

ふるさとチョイスの「かんたんシュミレーション」は本当にかんたん!

画像引用元:ふるさとチョイス

よりお手軽なのが、ふるさとチョイスの「かんたんシミュレーション」。プルダウンメニューから該当する家族構成と年収を選ぶだけで、即座に寄附額の目安を教えてくれます。計算結果をふまえて、その場で寄附金額ごとにお礼の品を探せるようになっているのも便利。

また、会員登録するとシミュレーション結果を残しておけたり、2,000円の負担額であとどのくらい利用できるかがひと目でわかる機能が使えて、おすすめです。

詳細シュミレーションなら、より厳密な寄附金額がわかる

ふるさとチョイスのホームページでは、寄附金の上限額についてより厳密に知りたいというニーズにも対応しています。家族構成や年収に加えて、社会保険料控除や医療費控除などの必要項目についても入力することで、より詳細な上限額を計算することができます。源泉徴収票をお手元に準備いただくとスムーズに入力頂けます。

あくまでも目安とはいえ、シミュレーション結果はその後の寄附金額を決める上で、大いに参考になりそうですね。

シミュレーションを活用して、賢くふるさと納税

地方自治体を応援することもさることながら、実質2,000円の自己負担でお気に入りの品を手に入れられるかが、ふるさと納税のポイント。寄附限度額を上手に計算して、賢く利用してくださいね。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail