マネー top2

【後編】ふるさと納税、今人気のアノお礼の品やこんな寄附の使い道を「ふるさとチョイス」でチェック

2016.09.01

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
top2

前編では、日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」で初めて申し込みをやってみた私。後編では、特に人気の「お礼の品」が何なのか、調査してみることにしました!

前編へ>>

人気の定番は、いつでももらってうれしい国内ブランド「肉」!

まずはランキングから、どんなものが人気になっているのかを調査開始。人気上位は、地元食材がお家に届くタイプ。普段はなかなか手が届かないブランド牛などのお肉は定番人気のようです。宮崎県都城市は、平成27年度の寄附件数(28.9万件弱)・寄附金額(42.3億円強)が共に全国トップ。

なんと言っても種類が豊富で、1万円のコースでも宮崎牛の種類は40種類以上ありましたので、家族構成などに合わせて柔軟に選べるのは本当に嬉しい! 人気のあるものは受付開始と共に即品切れになってしまうこともあるようなので、お目当てのお礼の品が見つかったら早めに決めることもお忘れなく!

image2
引用:ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」

お肉の他にも、野菜や果物、お米、パン、海鮮などなど多くの種類から選べるので、誰でも欲しいものが見つかりそうでしたよ!

ふるさと納税でお得に旅に行けるってどういうことなの…?

飛行機

実は、お礼の品には宿泊券や食事券、寄附した自治体で使用できる感謝券といったタイプもあることをご存じでしたか?

そう、これらの体験型お礼の品が、実質2000円程度の自己負担金でもらうことができるのです。私が見ていた中でのイチオシは、Peach航空の航空券購入に利用できるピーチポイントがもらえるタイプです!

大阪府泉佐野市では、寄附金額の半額相当の「ピーチポイント」がもらえるそう。例えば1万円の寄附であれば5000円分のポイントをもらえる計算に。寄附金額を増やせばもっとお得になるそうで、LCCのPeach航空は、国内線なら2890円~、国際線でも4180円~と、かなりお得に旅が出来そうでした(※2016年8月時点 hintos事務局調べ)。

旅先の自治体で使える便利な券とは!?

ふるさとを味わう旅するなら、感謝券をもらえる自治体への寄附もおすすめです。ちなみに感謝券とは、発行した自治体内だけで使える地域振興券のようなもので、同じ自治体内にあるお店ではほとんどどこでもこの券を使用できるという場合もあり、何とも便利な券らしいです。

サイトを見た印象では、感謝券をもらえる自治体の還元率は半額相当のところが多い様子。例えば2万円の寄附をすると1万円分の感謝券がもらえることになります。2万円のほとんどは還付や控除の対象になりますので、実質2000円程度の負担だけで満喫できるのはとても嬉しいですよね!

旅館

例えば、東京からのアクセスが便利な四万温泉のある群馬県中之条町もそんな自治体の1つ!映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれる積善館を見に行きたい時は、中之条町へ寄附することで感謝券をもらえます。
中之条町では、ホテルや旅館、飲食店で使えるのはもちろん、ガソリンスタンドやアウトドアなどあらゆるところで感謝券が使えますので、支払いのほとんどを感謝券で払えれば、かなり満足な旅ができてしまいます!ゆっくり温泉で日頃の疲れを癒したい私にもぴったりですよね(※2016年8月時点 hintos事務局調べ)。

人気ランキング以外にもこんなおすすめを調べてみました!

・ふるさと納税で動物を救うことも出来る…!
毎年、各地の動物愛護センターで殺処分対象となってしまう動物がたくさんいます。そんなかわいそうな動物達を救ってあげるお手伝いを、ふるさと納税の寄附からすることができるのです。

いぬ

支援によって殺処分寸前の犬達を救え、新しい犬舎を建設したり、里親を見つけたり、災害時に活躍してくれる災害救助犬に育て上げたりと様々な活動をしているようです。これは、GCF(ガバメントクラウドファンディング)と呼ばれる活用法で、各自治体がプロジェクトオーナーとなり、いろいろな課題解決のために寄附を募っています。

この場合も、ふるさと納税が適用されるので税金控除が受けられ、実質2000円程度で数千円から数万円までの支援(寄附)ができるようです。ふるさと納税をきっかけに税金の使い道を自分で選ぶ良い機会ですね!

・福島や熊本…被災した自治体へ直接寄附することが出来る!
どうやらこんなこともできてしまうようです。寄附の方法は2種類。1つめは被災した自治体へ“直接”寄附する方法。もう1つは“代理”受付自治体へ寄附をすることで、代理自治体より被災自治体へ送ってもらう方法です。

こちらは災害という緊急時のため、寄附に対するお礼の品はないものの、税金控除の対象にはなりますので、実質2000円程度で数千円から数万円までの支援(寄附)ができます。

私のように被災地から遠く離れていると、徐々に意識も薄くなってしまっているのが正直な現状ですが、これをきっかけに、このような動きがより広がっていくと良いなあと感じました。

体験してみて

ふるさと納税って、めんどうな感じなんだろうなって思っていたのに、こんなにはまってしまうなんて想像もしていませんでした! 今まで、やっていなかったことがホントに損をしていた気分です。

[注]※各自治体の制度やお礼の品の内容、ポイント数などの詳細につきましては、2016年8月時点でのhintos事務局調べとなります。実際のご利用にあたっては、各自治体に直接お問い合わせください。

SNSでシェアしよう

top2

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
さとちゃん

さとちゃん

神奈川県川崎市生まれ川崎育ち。好奇心旺盛でなんとなく1人で富士山に登っちゃったコトも……。少し変わってると言われたりもしますが、変わらずマイペースは健在。