趣味・エンタメ

風に乗って宙を舞う! インドアスカイダイビングで超・新体験レポ

2018. Sep. 28

BY 浅田よわ美

(1/2ページ)

こんにちは、ライターのよわ美です。
ちょっと小刻みに震えています。

理由は、人生初・宙を舞う前だから。

ちょっとよくわからないと思いますので、今から10分前に戻って、状況を説明させていただきます。

 

空を飛びに「Fly Station」にきた

ある朝、hintos編集部から届いたメール「よわ美さん、空を飛んでみたくないですか?」

ライターなので、珍しいスポットに行ったり、なかなかない体験をしたりする機会は、他の職種と比べて多いかと思うのですが、いまだかつて、空を飛んだことはありません。
スカイダイビングかな? スライダーかな? どんな装備を装着して飛ぶのかな?と色々想像をしながら、未経験の空飛ぶ体験にもう興味津々です。「ぜひ飛んでみたいです!」と返信しました。

よわ美「ちなみにどんな道具を使って飛ぶんでしょうか? スライダーとかですか?」

hintos編集部「何も道具は使わないんで、大丈夫です! ほぼ身体ひとつで飛んでいただきますので、手ぶらで向かってください

どういうこと……? 命綱も羽も、スライダーもない状態で飛ぶ? バンジージャンプ的な?
なんか筒に入って、ドーン! と打ち上がるとかだったらどうしよう。緊張しながら約束の埼玉県越谷レイクタウン駅に降り立ちました。

今回の体験スポット「FlyStation」

施設の外観を見て安心し、笑顔になったよわ美。「バンジージャンプではなさそう」

越谷レイクタウン駅に降り立ち7分くらい歩くと、インドアスカイダイビング体験施設「FlyStation」がありました。

インドアスカイダイビングとは?

垂直方向に下から吹き上げる最大時速360kmの風に乗って、飛行の感覚を体験するスポーツです。スカイダイビングのように空中で浮遊します。外ではなく、室内でスカイダイビングができるのが特徴です。

いざ体験開始!
まずはインドアスカイダイビング用のユニフォームに着替えます。

今回の体験・担当のインストラクター石田さん

ピンクや黄色などの、カラフルで可愛いユニフォームが並ぶ中、自分で好きな色をチョイスできます。私はhintosカラーの綺麗なブルーにしました。スニーカー、靴下も無料でレンタルが可能です。
着替えが完了したら、さらにヘルメット、ゴーグルを借りて

準備が整いました! いざゆかん!

フライト講習で、基本姿勢「ベリー」の練習

準備が整ったから、実際にすぐ飛ぶ! というわけではありません。はじめてのスポーツで万が一怪我を負ったりしないよう、インドアスカイダイビング初心者の基本姿勢「ベリー」や、声を出せない体験中に意思を伝える合図等を事前に部屋で練習し、覚えます。

ベリーとは?

スカイダイビングでも最初に習得する基本姿勢で、腹ばいで飛ぶポジションのこと。

基本姿勢ベリーを指導くださる石田さん

実際のフォームのレクチャーは、ぜひ直接「FlyStation」で、体験前に受けていただきたいと思いますが、特別に、そこで教わった合図を一部ご紹介します!

スカイダイビングの合図

「こちらを見てください」

「目線を上にあげてください」

「大丈夫! リラックスしてくださ〜い!」

などなど……!

資格を持ち日々多くの人の未経験者にレクチャーをしている専用のインストラクターさんが、必ず1名ついてくれるので、はじめてでも安心!FlyStationには10名のインストラクターさんが所属しているのだとか。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail