ファッション

そのブラ合っていないかも?簡単にできる6つのセルフチェックポイント

2017. Oct. 30

気に入って買ったブラだけど、着けてみるとしっくりこない…合っていないブラは肩こりやバスト崩れの原因にも。今回は自分で手軽にできるセルフチェックの方法を下着選びのプロ・FITTIN(フィッティン)さんに教えていただきました!

まずストラップの長さをチェックしましょう!

①ブラの上部に隙間ができる

ストラップが緩くなっているか、カップ&アンダーが大きいようですね。ストラップの長さを調整するか、カップ&アンダーを1サイズ下げましょう。

②アンダーが上がってくる

ストラップがキツ過ぎるか、アンダーのサイズが大きいことが原因です。ストラップを緩めるか、アンダーを1サイズ小さくしてみましょう。もしくは、ホックに段階がある場合は一番きつい手前側のホックにずらしてみましょう。

③背中部分が上がってくる

ストラップがキツいか、カップのサイズが小さいorアンダーのサイズが大きいようです。緩めても違和感があるなら、カップを1サイズ大きくorアンダーを1サイズ小さくしてみて。

次にカップ&アンダーのフィット感をチェック!

④ストラップが肩から落ちる

カップ&アンダーのサイズが合っていないか、肩の形に合っていない可能性が。アンダーを1サイズ小さくするか太めのストラップを試してみて。単純にストラップの長さが長い場合もあるので、ストラップと肩の間に指がすっと入るくらいの強度までストラップの長さを調整しましょう。

⑤脇の肉がカップからはみ出る

カップが小さいものを選びすぎると全体的に窮屈なフィット感に。1サイズ上のものを選びましょう!

⑥カップとカップのつなぎ目の中央部分が浮いている

全体的にゆるく感じる場合はアンダーのサイズが大きいようです。また、全体的に九区ユニ感じる場合は、カップが小さいようです。アンダーを1サイズ下げるか、カップを1つ大きくしてみましょう。

 

自分でもできるセルフチェックですが、やっぱりプロに見てもらいたい…という方にはFITTINの試着サロンがおすすめ。
10月にオープンした試着サロンに以前hintosもお邪魔しています。

体験記事はこちら>>

プロにフィッティングしてもらうと自分の胸のタイプを教えてくれたり、合うブラをおすすめしてくれたりするんです。痛くない、自分にピッタリなブラを作りたい方はフィッティングサロンも要チェックですよ。
下着のプロが選ぶあなたにぴったりの1着が見つかるはずです!

取材協力:FITTIN(フィッティン)

下着選びでもう失敗しない!FITTINは4つの質問に答えるだけであなたの胸にぴったりのブラを診断してくれるオンラインフィッティングサービスです。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail