ファッション

そのブラジャーのサイズ合ってますか? 正しくバストを測る3つのポイント

2017. Jun. 1

みなさんは「本当の自分のブラジャーのサイズ」を知っていますか? コンプレックスがあったり、洋服の着脱がめんどくさかったりして、しっかり試着をしてから下着を買うハードルって高いですよね。数年前に、お店などで測ってもらったきりそのまま同じサイズを買い続けている……という方も多いのでは? 実は約7割の日本人女性が間違ったサイズのブラジャーを着けているんだそうです。
今回は、こっそり教えたい「自分でバストを測る時のポイント」をオンラインフィッティングサービスFITTIN(フィッティン)の担当者さんに教えていただきました。

1.バストトップが正しい位置に来ているか


ブラジャーのサイズを測る時、トップバストの位置とアンダーバストの位置をメジャーで測ります。この時気をつけたいのは、自分のトップ(乳頭のある位置)とアンダー(乳房のすぐ下の部分)に合わせて正しく測ること。窮屈なブラジャーやサイズが合っていないブラジャーをしている時はヌードで測る必要がありますが、もしフィットしているパッドの入っていないブラジャーを着けているなら、服の上からでも測ることができるのです。その際は、服を着たまま直立の状態で計測する必要があります。

2.地面と平行になっているか

自分で自分のバストのサイズを測る時は屈んだり斜めになっていたりと、どうしても変なポーズのまま測ってしまいがち。バストが地面と平行になるようにまっすぐ立って測らないと、誤ったサイズになってしまうことがあるんです。姿見程度の大きさの鏡でも、しっかりと鏡で自分の体勢を確認しながら測ってみましょう!
なお、ヌード採寸のときは、体を90度に折り曲げて、背中と床が平行になるような体勢で計測を行いましょう。

3.メジャーの絡まりなどがないか


自分でメジャーを使って測ると、見えない背中側や脇でメジャーがくるくるねじれたり、斜めになっていることもしばしばです。実は、この誤差がブラジャー選びに影響大!バストを測る際に、2cm、3cmの誤りの差は非常に大きく、結果としてフィットしていないブラジャーを身に着けてしまうことにも繋がります。
バストを測るタイミングは3ヶ月に一度が目安とのこと。もちろんお店できちんと測ってもらうことも大切ですが、お店に行きにくいという方だけでなく、自分の「今」のサイズを知るためにも一度自分で測ってみてはいかがでしょうか。

取材協力:FITTIN(フィッティン)

下着選びでもう失敗しない!FITTINは4つの質問に答えるだけであなたの胸にぴったりのブラを診断してくれるオンラインフィッティングサービスです。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail