美容・健康

食事や睡眠の課題は?AIが生活改善のアドバイスをしてくれるFiNCを体験

2017.04.21

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

AI(人工知能)が自分に合った健康や美容に関するアドバイスをしてくれるアプリ「FiNC(フィンク)」で、自分のライフスタイルの改善点を知った私。これから10日間、FiNCのパーソナルコーチAIから私に与えられた「習慣タスク」と「フィットネスタスク」に取り組んでいきます。

前編へ>>

【食事編】

まずは最も指摘の多かった「食事」に関する改善から。FiNCは食事の内容だけでなく、食べ方についても詳しくアドバイスしてくれます。カロリーや栄養などはなんとなく気にしてはいたものの、食べ方についてはすっかりおろそかにしていたことに気付かされます。

食事に関しては21項目もの指摘が・・・

3食バランスの良い食事をとる

FiNCアプリには健康・美容に関するさまざまなコンテンツがあり、栄養士・管理栄養士・トレーナー・インストラクターといったヘルスケア専門家や、アスリート・スポーツ選手、モデル・芸能人などが作ったヘルシーレシピ・フィットメスメニューなども充実しています。AIはその中から私の目的に合った最適なレシピを選んで教えてくれたり、食べたもののカロリーを聞けば答えてくれるなど食事面でも細かくサポートしてくれるんです。

栄養士さんのレシピには栄養や食材に関する豆知識などもあって勉強になります

毎食の食事の内容や時間もFiNCに記録していきます。何日か記録が溜まってくると、自分の食事内容の傾向や規則的に食べているかがよくわかり、偏りがないように意識しやすくなってきます。もし記録を忘れていても、AIが頃合いを見て促してくれるので大丈夫です。

極端に量を減らすような食事制限をせず、栄養のバランスなど食事の質を高めることを意識しました

20分以上かけて食べる&腹八分目に抑える

昔からとにかく早食いの私。特に子供が生まれてからは、「食べられるうちに!」と焦って食べてしまう癖が悪化していました。満腹中枢が刺激される20 分より前に食べ終わってしまうことは食べ過ぎの原因でもあるので、「ゆっくり食べる」はダイエットの最重要課題です。

私の場合は、食事内容の記録と一緒に食事にかけた時間も記録してみました。こうしてみると、ついつい早食いしてしまいがちなレシピもだんだんわかってきます。意識的に繰り返していくことでだんだんとゆっくり食べられるようになってきて、同時に大量に食べなくてもお腹が満たされる感覚が出てきました。

【睡眠編】

睡眠に関して自分では改善の必要性があるという認識がなかったものの、FiNCの診断では「6時間以上睡眠することが少ない」「1時以降に就寝することが多い」など睡眠時間に関する指摘や睡眠の質に関する指摘がありました。

私の睡眠記録。前日との睡眠時間の差が激しいときはAIから指摘が入ることも・・・

早く寝たいと思ってもなかなか寝付けない日もあり、記録を続けてみると日によって睡眠時間がバラバラ・・・。課題が残る結果に、これまで無自覚だった「眠り」の問題にも気付かされました。

次回は、私の最も苦手な分野・・・運動に関するタスクについて、また体重や体調の変化など10日間の生活改善の成果を発表します!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
seta

seta

理想のワークスタイルを模索中な兼業主婦です。夫と2人の息子たちと金魚と暮らしています。