おでかけ・グルメ

欲しいものを自分で作れる!「FabCafe」ってこんなところ

2018. Feb. 17

BY seta

人と違った個性的なモノを持ちたい、なんでも自分で作ることが好き!という人なら、ぜひ「デジタルなものづくり」も体験してみませんか?他にはない自分だけのものを簡単に形にできちゃうおすすめスポットがあるんです。

「3Dプリンター」や「レーザーカッター」などのデジタル工作機械でものづくりができる渋谷のFabスポット「FabCafe Tokyo(ファブカフェ東京)」にやってきました。最近ではこういった機械を使える場所もだいぶ増えてきてはいるのですが、会員制だったり男性の利用者が多かったりして、特に女性の場合は「ちょっと近寄りにくい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

ここ「FabCafe」はその名の通りファブスペースとカフェが融合した施設なので、気軽なカフェとしての利用のみもOK。ゆっくりお茶をしながら「どんなものが作れるのかな?」と覗いてみたり、機材が空いていれば「ちょっと私もやってみよう」という感じで気負わずものづくり体験ができるんです。


ちなみに最近よく聞く「Fab(ファブ)」という言葉には、「Fabrication(ものづくり)」と「Fabulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められているのだそう。デジタル工作機械を使うことで、誰でも自分のアイデアを自由に形にできる、そんなワクワクするようなモノコトすべてが「Fab」であり、それを気軽に体験できちゃうのが「FabCafe Tokyo」なんです!

 

さて、今回私がFabCefeに訪れた目的は…

アクセサリーや小物作りが趣味の私。パーツから自分で作ったら、もっとオリジナルなものができそう!ということで、今回は自分デザインのアクセサリーを作ってみるのが目的です。できあがったのは下の写真のバレッタと水彩柄のアクセサリーたち。

レーザーカッターで作るバレッタ
UVプリンターとレーザーカッターで作るアクセサリーパーツ

なかなか個性的なものができました!どんな風に作ったのかもご紹介しますね。

レーザーカッターで作るバレッタ編

バレッタ作りに使う機械はレーザーカッターのみ。工程はすごく簡単です。
まずは材料に使うアクリル選び。FabCafe Tokyoでは、足立区のアクリル工場「ミユキアクリル」から仕入れた個性的で美しいアクリル板を取り揃えています。その中から、私はホワイトのマーブル柄とレースが封じ込められたアクリル板を選びました。

こちらがレーザーカッター。バレッタ用にあらかじめ決められた2種類の型から好きな型を選んでカットしてもらいます。

カットした2種類のアクリルを接着剤で貼り合わせて

トースターにイン!柔らかくなったら取り出して、型に押しつけながら軽いカーブをつけます。

カーブがついた状態で冷やし固めたら、バレッタ用の金具を貼り付けて完成!接着の時間を除くと、はじめてでも15分ほどでできてしまう簡単さです。

こちらのバレッタ作りは今後初心者向けのワークショップのひとつとして実施していく予定とのことなので、レーザーカッターがどんなものか試してみたい!という人はぜひ体験してみてくださいね。

UVプリンター&レーザーカッターで作るアクセサリーパーツ編

以前からどうしても作ってみたかったのがアクリルにオリジナルプリントをして作るアクセサリーパーツ。写真など好きなものをプリントできるのですが、私が用意したのはこちら↓。
A4サイズの画用紙に水彩絵の具でランダムに塗ったものです。画用紙の柄を写真に撮り、パソコンに取り込んで…

こちらの「UVプリンター」を使って7.5cm×7.5cmサイズのアクリルに転写します。

プリントは数分で完了。この時点では裏面に保護用の紙が貼ってあるため、ちょっと濃いめに見えています。

バレッタの時と同様にレーザー加工機にセット。今回もFabCafeさんでデザインされた型にカットしてもらいます。

小さなアクリルから、こんなにたくさんのパーツができました!水彩の幻想的な色合いもバッチリきれいにプリントできています。他にはない自分だけの色柄なので特別感がありますね!

できあがったパーツは自宅に持ち帰って好きな金具やパーツを付ければ完成です。尚、アクセサリーのワークショップ開催時には金具や工具類も含めてすべて用意されているので、その場で完成させることができます。

はじめてでも大丈夫。初心者向けの利用プランやワークショップもいろいろ

FabCafeでは、誰でも簡単にできるFab体験がさまざま用意されています。特に手軽で人気のプランはUVプリンターを使って作る「フォトブロック」やレーザーカッターで作る「キーチャーム」

「Photo Block」体験時間:約60分、料金:50×50×50mm ¥2,000円/1個、100×100×30mm ¥3,000/1個
「Key charm」体験時間:約20分、料金:レーザーキット(本体)¥2,100 +レーザー刻印 ¥800 + UVプリント加工 ¥500/1データ

また、ギフトなどで大人気なのが「マカロンファブ」だそう。ホワイトデーのお返しにいかがでしょう?

「Macaron」体験時間:1セット約30分、料金:¥1,500/1セット(3個入り)

こうしたプランは混雑時でなければ当日ふらりと体験することも可能ですが、確実に利用したい場合はあらかじめオンラインで予約をしておくのがおすすめです。

また、「3Dデータの作り方を知りたい!」「オリジナルのデータでレーザーカットしてみたい」といったFab初級者の希望に応えるワークショップや、季節に合ったイベントもさまざま開催されていますのでFabCafeのサイトで開催予定をチェックしてみてくださいね。

デジタルなものづくりを楽しんだあとは、ほっと一息♪

ものづくり体験のあとはカフェで一息。おしゃれなラップサンドとかわいいマシュマロラテをいただきました。カフェメニューも充実していてどれも美味しそうなので、しょっちゅう通いたくなりますね♪

話題の「Fab」、興味はあるけどなかなか手を出せなくて…と思っている方、FabCafeなら「難しそう」「ちょっと入りにくいかも」、なんて思う必要はまったくないですよ。まずはお茶がてら、ふらりと立ち寄ってみませんか?

取材協力店舗:FabCafe Tokyo

住所:東京都渋谷区 道玄坂 1-22-7道玄坂ピア1F
電話番号:[Cafe] 03-6416-9190 (Cafe&Fabに関するお問い合わせ)
営業時間:月~土 10:00 am -10:00 pm 日・祝 10:00 am – 8:00 pm

 

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail