ライフスタイル

バッテリーにもライトにもなる多機能カイロ「e-Kairo Stick」は、イザという時の備えにも。

2018. Nov. 6

BY シマサキアヤ

(1/2ページ)

最近、朝外に出ると必ず「…寒っ!」とつぶやいているのは私だけではないはず。寒い季節、外で暖を取るには使い捨てカイロが定番ですが…今回は、充電式のカイロをご紹介。繰り返し使えるのもポイントですが、カイロだけじゃない3つの使い道!カバンにひとつ忍ばせておくととっても便利&安心なんです。

 

充電式カイロがモバイルバッテリーやLEDライトに!

今回ご紹介するのは、充電式のカイロe-Kairo Stick(イーカイロスティック)。

電源を入れると1~2分で表面が約40℃にほんわか温かく。コートのポケットに入れておけば、熱くなりすぎないちょうどいい温かさです。

そしてこのe-Kairo Stick、カイロだけじゃない3wayの使い方ができちゃうんです。一つ目の使い方は「カイロ」でしたが、二つ目の使い方は「モバイルバッテリー」!イザという時の充電に。

そして三つめの使い方は「LEDライト」!カバンの中の物を探したい時など、一つあると便利です。

e-Kairo Stick、気になる実力は?

あったくて持ち運びに便利なカイロ

カチッとカイロをONにすると、すぐにジワジワ温かくなってきます。表面が40℃程度まで温まるのには1~2分。カイロ機能のみ使った場合はフル充電状態から4~5時間使えます。
使い捨てカイロはおよそ40℃~50℃と、e-Kairo Stickと同程度の温かさになります。使い捨てカイロには40℃程度に温まるのに数十分~1時間かかる商品もありますが、e-Kairo Stickは1~2分。温かさの持続時間は使い捨てカイロのほうが優れていますが、充電式カイロなら、ON/OFF切り替えて使いたい時だけ使えるのが魅力。今すぐ温まりたい!通勤時間だけ使いたい!という場合には充電式カイロのほうが便利ですね。

e-Kairo Stickには、充電ケーブル以外にも付属品が。専用のニットカバー・カラビナ・ストラップ(それぞれ本体のカラーに合わせたもの)も付いています。

ニットカバーは靴下みたいに本体に装着。本体表面はサラサラした感触なのでカバーを付けたほうが滑りにくく、手で握って暖を取るときにピッタリ。ちょっとカイロが熱く感じる時には温度調節にもなりそうです。

本体にストラップとカラビナを取り付ければ、こんな風にカバンにつけたり、パンツのベルトループにつけたりもできます。

想像以上に心強いライト

LEDライト機能のみ使った場合はフル充電状態から約40時間使えます。日常では、夜暗くなってからカバンの中の物を探したいとか、帰宅時に家の鍵穴を照らしたいというときに便利。
暗いところでカバンの中を照らしてみました。十分な明るさです。

非常時、停電してしまったときにも役立ちます。水の入ったペットボトルと一緒に使ってみると…部屋の中も結構明るくなる!

スマホ1台分なら安心のバッテリー

USB充電が可能な機器なら、スマホでもゲーム機でも充電可能です。説明書によると、バッテリー容量1800mAhのスマホを85%充電可能とのこと。e-Kairo Stickの電池容量は2200mAhと、10000mAh台や20000mAh台のモバイルバッテリーも多い中、少々物足りない感じもします。でも、「普段外出先で充電が切れることはほとんどないけれど、保険としてモバイルバッテリーを持ち歩きたい」という方には十分な容量かも。

充電したい機器に対応したケーブルを用意すれば、一般的なモバイルバッテリーと同様使うことができます。microUSB端子で充電する機器であれば、付属のケーブルも使えます。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail