料理・グルメ

【編集部のやってみた!】Pinkoiでシロクマ&金魚の「あめ」を頼んでみた

2017. Sep. 3

海外のデザイナーさんが制作した幅広いジャンルのアイテムを購入できる、デザイナーズマーケット「Pinkoi(ピンコイ)」。hintosでもいつも素敵な商品を紹介しています。

体験レポートはこちら>>

Pinkoiの記事一覧はこちら>>

今日はずっと気になっていたアイテムを実際に編集部で試してみました!

気になっていたアイテムは飴?!

http://pinkoi.me/2iE3FGd

夏にぴったりなインテリアのようですが、なんと飴! こちらは台湾の「Lovable Time Candy Shop」さんの作品なんです。夏らしい色と「どんな飴なんだろう?」という疑問から、今回は金魚の飴と2種類を注文してみました!

ついにご対面! どうなっているのでしょう?

ポップカラーのギフトボックスにメッセージカードとともに入っていました

海外から食品を注文するのははじめての体験でしたがダンボールに入ってまったく問題なく到着! ビニールをあけてみると思っているよりリアル!

池で泳ぐような金魚と、毛並みまで描かれたシロクマ。どちらも飴とは思えないクオリティです。

背中に哀愁が漂うシロクマ

耳・お尻の細かなところまで細工が施されています

愛でたくなるようなかわいらしいシロクマは、後ろから見ると丸い背中がなんともいえません。

光を通して美しい錦鯉

http://pinkoi.me/2vFl42w

一方の錦鯉は、表面に葉っぱが浮かんでいるデザイン。細かな和風のデザインと台湾の方が作っているとなんだか不思議な気持ちです。光を通して気泡が光るところもきれい。

やっぱり食べてみないと。いざ、実食!

サイズは意外と大きく、ずっしりしています

せっかくの美しい飴細工ですが、やっぱり食べてみないと味は分からない!ということで、実際に食べてみました。

錦鯉はハッカのような味

まずは錦鯉から。

もったいないと言いつつ口にした感想は、ハッカのような味とのこと。淡い緑色はハッカの色なのでしょうか?上に乗っている葉っぱは食べられないようでした。

ちょっと懐かしい?わたあめのような味のシロクマ

やはりシロクマ以外のところから…

食べてみると、屋台で食べるわたあめのような味。懐かしい気持ちになりました。

やっぱり最後にはシロクマも食べないと!

シロクマの高さがあるので口を思い切り開けて食べてみます。食べ進めると

溶けたように…

目・毛並みがなくなって溶けたようになってしまいました。直径も高さも5cmほどあるので食べきるのには時間がかかりそう。編集部で最後まで美味しくいただきました!

食べ物も洋服も文房具もなんでも揃う!

きれいな飴細工に思い切りかぶりつくという貴重な経験ができました! ギフトボックスに入って届いたので、友人への贈り物としてもよさそうです。

Pinkoiでは今回紹介した食品をはじめ、ベビーグッズやアウトドア用品まで、たくさんのアイテムが販売されています。日本ではなかなか見ないデザインのものも多くありますので、ぜひショップを覗いてみてくださいね。

紹介商品

取材協力: Pinkoi(ピンコイ)

アジア最大級のデザイナーズマーケット。世界中のデザイナーからオリジナル商品が出品されています。皆さんの毎日に、世界中の素敵なデザインをお届けします。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail