ライフスタイル

お試し操縦もできるドローン専門店に潜入!初心者にオススメのドローンは?

2018. Jul. 6

BY seta

(1/2ページ)

話題のドローン、「ちょっと気になる!」「触ってみたい!」そう思っている方は多いのではないでしょうか?SNSやテレビなどでよく見かけるドローン空撮はかっこよくて憧れますよね。

とはいえ、特に女性にとってはまだまだ縁が遠いという感じもするドローン。でも、実は誰にでも操縦できちゃうんです!今回は全くの初心者からでも気軽に楽しめるドローンの魅力を探りに、今年5月に東京・虎ノ門にオープンした「セキド虎ノ門」にやってきました。

「セキド虎の門」とは

セキド虎ノ門は、世界最大手のドローンメーカー「DJI社」の正規代理店である株式会社セキドが運営する「ドローン体験型総合施設」です。

ホビー、レジャー用途から産業用のドローンまでを幅広く取り揃え、常駐の専任コンサルタントが用途に合わせて最適なドローン選びや使い方をサポートしてくれるんですよ。

こちらの1FのDJI認定ストア虎ノ門内にはフライトゲージもあり、その場でドローンの体験操縦をすることもできます。「ドローンは間近に見るのもはじめて」という私でもすぐに操縦できるものもある、ということで入門者におすすめのドローンを教えていただきました。

 

お試しフライトOK!初心者向けにおすすめのドローンはコレ!

Tello(テロー)

まずはこちら。


ちょこんと手のひらにのってしまうミニサイズのトイドローン「Tello」。重さはわずか80g、そして価格も「ミニ」な税込12,800円!「ドローンは価格が高くて手が出ないもの」というイメージでしたが、こんなにお手頃なものもあるんですね!

そのままでも小さくてかわいいのですが、機体をカラフルにデコレーションできるスキンステッカーがあったり…


LEGO(レゴ)のブロックやミニフィグを取り付けることができちゃうという遊び心も!(※レゴを取り付ける場合は、別売りのアダプターを使用します)低価格ながら自分らしく楽しめるというのがまたうれしいところ。さて、こちらのドローンを飛ばしてみるとどうなるかは動画でご覧ください。

ご覧の通り、とにかく安定感がすごいんです!宙返りや着陸などの難しそうな操作も、スマホアプリと連動して自動でできちゃいます。


アプリの画面にはTelloのカメラから見えている風景が映されているので、これを見ながら映像や写真を記録することも可能。操作自体はほとんどスマホゲームといった感じで普段からゲームで遊んでいる人だったらすぐにでもコツがつかめると思います。尚、最大飛行時間は13分です。

Mavic Air(マビック・エアー)

続いてのおすすめはこちら、「Mavic Air」です。

価格は税込104,000円。さきほどのTelloと比べるとややお値段が上がりますが、普段から一眼レフやミラーレスのカメラを使っている人であれば撮影の幅を広げてくれるアイテムとして「アリ」な価格帯ですね。最大飛行時間は21分となります。

ちなみにMavic Airを飛ばして店内で記念撮影してみた写真がこちら↓


この記事では解像度を落として掲載していますが、元の画質は拡大しても問題ないほどにキレイです!高い位置から広範囲の撮影ができるので、結婚パーティーなどで集合写真を撮るのにかなり良さそう。

動画撮影に関しても、4K Ultra HD画質&カメラのブレや揺れを防いでスムーズな撮影ができる「3軸ジンバル」を内蔵しており、初心者でもバッチリ美しい空撮ができるという注目のモデルです。

こちらもとってもコンパクトなドローンなのですが、便利なことにアームの折りたたみもOK。折りたたみ時はスマートフォンほどのサイズになるので携帯性も抜群です。

飛んでいる様子の動画はこちら。

操作はスマホアプリと専用のスマートフォンホルダー付き送信機を組み合わせて行います。こちらもやはりゲームと同じ感覚で操作できるので、「ドローンって難しそう」と思っている人は、こうして一度触れて試してみるとぐっと身近なアイテムに感じられるようになると思います!

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail