美容・健康

「質の良い眠り」をサポートするアプリ「熟睡アラーム」で快眠生活!

2017.04.17

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

突然ですが、毎朝すっきりと起きられていますか?
筆者は朝にはめっぽう弱く、あと5分、あと5分…とタイマーを何度もかけ直して、やっと起きられるといったところです。
短い睡眠時間でも、効率良く眠り、気持ち良く目覚める方法はないか?と思っていたところ、快眠生活をサポートしてくれる心強いアプリがあると聞き、さっそく試してみました!

眠りのリズムを整える「熟睡アラーム」って?


「熟睡アラーム」とは、毎日の睡眠リズムを数値化して解析し、その人に合った最適な眠りをサポートしてくれる、多機能アラームアプリです。
「レム睡眠」(浅い眠り)と「ノンレム睡眠」(深い眠り)の二つの眠りを一晩のうちにバランス良く交互に繰り返すことによって、ぐっすり眠り、朝すっきりと起きることができるのですが、「熟睡アラーム」はそんな、目覚めが良いとされている「レム睡眠」のタイミングに合わせてアラームを鳴らし、あなたをベストなタイミングで起こしてくれます。

使い方はとても簡単!「おやすみ」ボタンを押してあとは眠るだけ

実際にアプリ(無料)をダウンロードしてみました。
クイックガイドで分かりやすく使い方を教えてくれます。


セット方法はとても簡単。
起きたい時間にアラームをセットし、「おやすみ」ボタンを押すだけです。

私は普段通りの6時10分にアラームをセット。
せっかくなので、「スマートアラーム」機能も「詳細設定」からONにしてみました。
この機能を使えば、センサーを元に睡眠の浅いタイミングを判断して、アラーム設定時刻より手前でアラームを鳴らしてくれます。

枕元から流れる心地よいサウンドで、あっという間に夢の中…

スマートフォンは枕元に置きましょう。
アプリを起動したまま就寝するので、充電状態での使用がオススメです。
さらに「熟睡サウンド」をセットすれば、心地よいヒーリング音楽が一定時間流れ、優しく夢の中へと導いてくれます。
私は「Waves of Hawaii」(ハワイの波音)を選択。
聴き始めたとたんウトウト……すぐに眠ってしまいました。

すっきりとした目覚めに驚き


朝、起きてビックリです。
アラームが鳴ったのは6時になる数分前でしたが、いつもよりすっきりした気分で目が覚めました
スヌーズ機能もありますが、朝に弱い筆者でも一発でストップボタンを押せました。
睡眠リズムの中での「レム睡眠」に合わせて起こしてくれたからでしょうか、いつものように、いきなり、無理やりアラーム音に起こされた!というよりは、優しく目覚めに導かれた、という感覚でした。
「Twitter」(小鳥のさえずりを連想させるサウンド)というアラーム音もまた、爽やかな朝を感じさせてくれます。

さっそく昨夜の眠りをアプリが分析


「起きる」ボタンを押すと表示される睡眠ログには、就寝時間、起床時間、睡眠時間の他、美容、肥満予防などの観点から睡眠のレベルが5段階でレーダーチャート化されています。
ちなみに、美容の数値は睡眠時間の長さに比例しています。
肌再生を促すと言われている成長ホルモンは、「ノンレム睡眠」の時に多く分泌されるからです。
肥満予防は、最も太りにくく理想の睡眠時間とされている、7時間の睡眠時間に近いほど、数値が高くなります。
筆者の場合は睡眠時間が理想の7時間に近かったため、数値が5と良い結果になったようです。
また、浅い眠りと深い眠りの割合が、時間軸とともに細かに分析されるので、その日の睡眠の質が目に見て分かります。

枕元にスマートフォンを置いてアプリを起動しているだけで、加速度センサーによって音や動きを感知し、眠りの浅さ、深さを判断してくれるなんて、すごい性能ですよね。
自分がこんなにも「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返していたことを始めて知り、驚きました!朝方はかなり眠りが浅くなっているもよう。
今まで睡眠時間をちゃんと取っているつもりでも常に寝不足感があったのも、納得の結果です…とほほ。

継続して使えば眠りの質の向上にも


筆者がアプリを使ってみた3日間の記録です。
このように、就寝・起床時間の乱れや睡眠リズムなどを、日次・月次レポートでチェックすることができます。
継続して利用し睡眠の質を向上できれば、自分の睡眠生活を良い方向に見直すことができそうですね。
日々の生活の中で心強い相方アプリになってくれそうな予感です。

すっきりとした目覚めで、気持ちの良い朝を迎えたいあなた。
「熟睡アラーム」を使って快眠生活を目指しましょう。

 

 

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Mugi

Mugi

0歳の男の子を子育て中。販売、デザイン等の仕事を経験し、現在は在宅でWEBライターをしています。アウトドア、ファッション、グルメ、着物等、多方面の記事を執筆中。