趣味・エンタメ

仕事効率大幅UP!記事を囲むだけで切り抜き&データ化できる魔法のペンとは?

2018. May. 8

BY acco

毎朝の新聞チェック、もっと読みやすくなったら…と思ったことはありませんか?

働き女子のみなさんの中には、新聞チェックが毎朝の日課!という方も多いはず。でも、「時間がなくて読めずについ溜まりがち…」「通勤電車の中では読みづらい…」なんてお悩み、ありませんか?
AIスクラップペン「CUTPEN」を使えば、そんなお悩みも見事解決!気になる新聞記事を専用ボールペンで囲んでスマホをかざすだけで、簡単にデータ化して持ち運べちゃう魔法のようなペンなんです。

(画像出典:ナカバヤシダイレクトショップhttp://www.fueru-mall.jp/nakabayashi/products/42651.html

ペンで囲んでスマホをかざすだけ!気になる記事をデータ化して高画質で保存◎

新聞記事をデータ化する方法としては、“スキャナーでスキャンしてパソコンに保存する”というのが一般的だと思いますが、作業をする場所や時間が限られる上、手間もかかります。また“スマホで写真を撮る”という方法もありますが、それだと文字が読みづらく、写真自体もカメラロールの中で埋もれてしまいがち。後から見返す際に少し不便ですよね。

しかしこのCUTPENを使えば、なんと気になる記事をペンで囲んでスマホで撮影するだけで、その部分をデータ化して保存することができちゃうんです。しかも自動で画像補正してくれるので読みやすく、専用アプリに記事を溜めていけるので整理や見返しもラクラク。さらに、気になる部分にマーカーを引いたり、重要キーワードを自動で抽出・WEB検索したりできる便利な機能も。新聞記事のスクラップがいつでもどこでも・短時間で手軽にできるスグレモノなんです!

 

ペンとアプリさえあればOK!シンプル機能で実用的だからうれしい

CUTPENを使うには、まず専用アプリのダウンロードが必要。アプリ自体は無料ですが、無料版の場合機能にいくつか制限が。ただ、ペン購入時に付与されるシリアルIDを登録することでその制限を解除し1年間継続利用することができます。

記事を切り取ってみよう!

早速、新聞記事の切り抜きをしてみましょう。作業はとてもシンプル。

⒈気になる記事を囲むように線を引きます

⒉アプリの撮影ボタンを押して読み取りを開始

⒊読み取り完了!

たった2STEPで新聞記事の切り抜き&データ化が完了!しかも新聞に特化した画像補正を自動で施してくれるので文字がくっきり読みやすいのがCUTPENの大きな特徴。
図やカラー写真のある記事もこの通り綺麗に読み取ることができました。ペンとスマホだけでこんなに綺麗にデータ化できるなんて、驚きです!

記事の編集も

編集画面では、切り取り枠の修正や色補正、気になる部分へマーカーを引くことも可能。従来だと、スキャナーで取り込んでスマホに転送した画像やスマホで撮影した写真を、再度別のアプリで開いて編集する必要がありましたが、これなら取り込みから編集・閲覧まで1つのアプリで完結するのでとっても楽ちん!

また、読み込んだ記事にタイトルやタグを設定することもできるので、後からアプリ内に保存した記事を探すときにも便利。
さらに関連記事をひとつのファイルにまとめて保存することも可能です。関連記事をストックしてより知識を深めていけるというのは、まさに新聞ならではのメリットですよね。

メールでの共有も

保存した記事はJPG・PNG・PDFの各種データに変換できるので、自分宛にメールで送信したりクラウドにUPして違う端末で確認したり……。SNSで発信したりすること写メより見やすいので、ビジネスの場面でも大助かりです◎

重要キーワードを自動抽出してWEB検索も

CUTPENのすごいところは、ただ画像をスキャンするだけでなく、人工知能(AI)技術を利用することで記事内容から重要と思われるキーワードを自動で抽出、そのままWEBで関連情報を検索することができるんです。新聞を読む→検索する、という作業が同じアプリ内でできるのでとてもスムーズ。気になった点はすぐに調べられ、疑問を残さずその日のビジネスシーンですぐに活用できますね!

いつでもどこでも簡単スクラップ!気になる新聞記事をスマホで持ち運び

CUTPENがあれば、隅々まで新聞に目を通す時間がなくても大丈夫。とりあえず気になる記事をスクラップしておいて、通勤電車の中や外回りの空き時間などにじっくり読み直すことができるので、慌ただしい朝の時間を有効活用できます。また自宅や自分のデスクなど、スキャナーがない場所でも使えて気になった時に即スクラップが可能。仕事効率が大幅にUPしそうですよね。

新聞だけじゃない!大切な雑誌もハサミを入れずにスクラップ◎

“新聞に特化した”と謳われているCUTPEN。今回、新聞以外の紙媒体として雑誌でも読み取り可能なのか試してみました。
結果、写真が多く紙の材質も新聞紙とは違う雑誌ですが、このように綺麗に読み取ることができました。(ただしあくまでも新聞専用のペンなので、読み取れない場合もあります。)

これだけ高機能で活用の幅も広いCUTPEN、気になる価格はなんと850円(+税)。ペン1本の価格としては高く感じるかもしれませんが、スキャナーと同様に使えて高画質、編集機能も充実していてこの価格はとにかくコスパ◎ 「読むのはアナログで、管理はデジタルで」という人は、試してみる価値アリだと思います!

働く女子の味方◎CUTPENで時間の使い方が変わるかも?

“ペンで囲んでスマホをかざす”だけで、新聞記事をデータ化して保存できるCUTPEN。毎朝の新聞チェックやデスクでの情報整理に、自分だけの雑誌スクラップ作りに…と活用方法はあなた次第! 仕事効率がUPしたり、スキマ時間を有効利用できたりと、今よりちょっと心に余裕が生まれるかもしれません◎

商品情報

CUTPEN(カットペン)/850円+税
セット内容:専用ボールペン・取扱説明書(シリアルID付き)
アプリ動作環境:iOS8、iPhone5S以降推奨(Android非対応)

 

 

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail