ライフスタイル

掃除にはクエン酸?効く汚れや効果、使い方などをご紹介!

2017. Dec. 16

BY S.OTOBEee

重曹と並んで、安価で手に入る安全な掃除アイテムとして一般的になりつつあるクエン酸。汚れがよく落ちる!という話を聞いたことはあっても、その詳しい効果を知らない方も多いのではないでしょうか。クエン酸は粉末を水に溶いて使用することで、水回りからリビングまで家中の掃除で活躍してくれるんです!今回はクエン酸が効く汚れと効果、様々な掃除方法をご紹介!クエン酸を使う際の注意事項も記載します。

そもそもクエン酸ってどんな成分?

クエン酸は柑橘系の果物や梅干しなどの食品に多く含まれる酸性の成分で、人工的なクエン酸の多くは、サツマイモのでんぷんや糖蜜を、コウジカビの一種で発酵させて作られます。人間や動物の体内にも存在し、無味無臭の安全な成分なので、食品添加物やサプリメントなどにも使われています。

掃除用の粒状のクエン酸は100円ショップなどで簡単に手に入れることができます。長時間素手で触れる、大量に飲み込むなどの度を越えた使用方法をしなければ、多少、口に入ったり、触れたりしても害はなく安全です。ただ酸性の成分のため、鼻や喉にピリッとした刺激を感じることがあるので、水に溶かして霧状に吹いて使う際は少し注意が必要かもしれません。

クエン酸が効く汚れと効果とは?!

クエン酸と同じ「エコ洗剤」として知られる重曹やセスキ炭酸ソーダがアルカリ性なのに対し、クエン酸は酸性の性質を持ちます。汚れを落とすには、汚れの性質と反対の性質を持つ成分で中和をさせる必要があるので、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れに効果を発揮します。では、クエン酸が効くアルカリ性の汚れにはどのようなものがあるのでしょう。主なアルカリ性の汚れには次のようなものがあります。

・水道水のカルシウムやミネラルが固まった水垢
・トイレの黄ばみや尿石、アンモニア臭
・お風呂の石けんカス汚れ
・洗濯槽に蓄積した炭酸カルシウム
・タバコのヤニ汚れ、臭い

またクエン酸には、細菌の増殖を抑える殺菌効果があるため、汚れを落としながら消臭や除菌もすることができて、まさに一石二鳥と言えます。

クエン酸ってどうやって使うの?

100円ショップなどで売っている粒上のクエン酸を水に溶かし、クエン酸水にして、スプレーボトルに入れて使用するのが一般的で便利です。クエン酸水スプレーの使い方は次の通りです。

<クエン酸水スプレーの作り方> 
クエン酸、水、空の清潔なスプレーボトルを用意してください。
500mlの水に対してクエン酸を小さじ2杯〜2杯半程溶かしてスプレーボトルに入れるだけ!
200mlであれば小さじ1杯程度が目安です。
クエン酸は水に溶けやすいため、汚れ具合によってはクエン酸の量を増やして濃さを調整してください。

他にも、頑固な水垢には粉のまま振りかけたり、重曹と合わせて炭酸ガスを発生させ、洗浄力をアップさせる方法もあります。汚れの状況によって、使い分けをしましょう。

クエン酸の活用方法とは?

スプレーボトルに入れたクエン酸水は、家の中のさまざまな場所の掃除に活躍します。

リビング

クッションやカーテンなど頻繁には洗えない、または丸洗いできない布製品に吹きかけて使用します。
魚の生臭いにおいやタバコの臭いはアルカリ性のため、酸性のクエン酸水で臭いを中和することができます。
素足で歩いたり、食べ物カスなどの汚れで雑菌が繁殖しやすいフローリングの床も、直接スプレーしたあと、水で濡らして固く絞った雑巾などで拭き取ることで、汚れを取りながら除菌をすることも可能です。

また、家の中でペットを飼っている場合も、クエン酸がペットコーナーの掃除に活躍します。
ペットトイレの周辺の拭き掃除に使って、アンモニア臭を中和させましょう。

キッチン

キッチンのシンクや食器の水切りかご、調理台など水垢がつきやすい個所にも、クエン酸水を吹きかけてスポンジでこするだけで、簡単に汚れを落とすことができます。 
頑固な水垢には、粉末を直接かけてメラミンスポンジなど研磨作用があるものでこすりましょう。

また、蛇口の根元の水垢には、クエン酸水のパックがおすすめです。
クエン酸水をスプレーしたあと、水垢を覆うようにティッシュを這わせ、上から重ねてスプレーをたっぷり吹きかけます。 乾かないよう水溜りができるくらいびちゃびちゃに濡らしてしまって大丈夫です。
かなり頑固に固まった水垢は数十分といった時間では取れないので、 お出かけ前や就寝前にパックし、6時間くらい置いてから使い捨ての割り箸など、シンクの素材を傷つけないものでガリガリこすると除去することができます。
汚れ具合に合わせて時間を調整してみてください!

お風呂場

浴室の石鹸置きや棚、椅子などに付着した石鹸カスや水垢も、クエン酸水で落としましょう。
スプレーを吹きかけて汚れをスポンジなどでこすってください。
水栓やシャワーヘッドの白い汚れを落とすには、キッチンと同じようにクエン酸水を含ませたキッチンペーパーを巻きつけてしばらく放置し、スポンジでこすります。

クエン酸は、石けんや皮脂汚れなどが溜まりやすい排水口のヌルヌルヘドロにも効果的です。
粉末のまま汚れに振りかけ、スポンジなどでこするときれいに汚れが落ちます。

洗浄力をアップさせるには、重曹との併用がおすすめ。
重曹を排水口に粉のまま振りかけ、クエン酸スプレーを吹きかけると、発泡し無害な炭酸ガスが発生し、この炭酸ガスが強力な洗浄効果を発揮して、ぬめりや皮脂汚れを除去してくれます。

また日々のお風呂場の手入れに役立つ意外なアイテムが、ナイロン製のかためのボディタオル。
シャリシャリ感があるくらいかためのタオルは、お湯だけで浴槽や壁、床、椅子のこすり洗いに使えます。
浴槽の内側や、床や壁に付着した皮脂などのざらざら汚れが気になるときに、お風呂から出る前にサッとお湯を流しながらこすると、洗剤を使用しなくてもきれいにざらざらが落ちます。 ナイロン製のタオルは水切れもよく乾きやすいので、お風呂場内のタオル掛けに掛けておき、お風呂を出る前に気になる個所をこするだけで、蓄積汚れを防止できるのでお手入れが簡単。
一度クエン酸で汚れを落としたら、ちょっとした手間をかけるだけで、綺麗なお風呂場を保つことができます。

トイレ

トイレにこもりがちなアンモニア臭には、消臭・除菌効果のあるクエン酸が大活躍! 
便器や便座だけでなく、壁や床、タンク上の水垢(水が流れるタンクの場合)など広く使うことができます。

また、トイレの掃除には、クエン酸だけでなく重曹を併用した掃除も効果的です。
ホコリやカビ、黒ずみなどの酸性の汚れを、重曹スプレーを使用して取り除いたあと、黄ばみや除菌にクエン酸を使用します。 特にトイレの床掃除にはクエン酸がうってつけ!クエン酸と清潔な雑巾があれば手軽に掃除ができます。

他にも、臭いが気になるトイレには、アロマ精油を2~3滴混ぜたクエン酸スプレーもおすすめです。
ティーツリーやミント、ユーカリなどの精油には抗菌作用があるため、除菌効果もアップし森林のようなすっきりした香りで気分も良くなりますよ!

※※注意※※ 
上記にあげたアロマ精油には、乳幼児には刺激が強すぎる成分も含まれています。
壁や床を手で触ってしまう乳幼児がいる場合は、使用しないでください。

クエン酸を使用する際の注意事項は?

クエン酸スプレーを掃除に使うときは、次の点に気をつけましょう。

・塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生しますので、決して一緒に使用しない。 
・鉄、セメント、大理石に使用すると錆びたり傷んだりするので避ける。 
・クエン酸は湿気に弱くカビが発生しやすいので、乾燥した冷暗所に置いて保存する。

プロのハウスクリーニングも便利!

以上、多くの場で活躍するクエン酸の活用法をご紹介しました。しかし、クエン酸の力を以てしても落ちない汚れがあったり、そもそも自分一人で家中の掃除をするのは大変!という場合もありますよね。そんな時は、プロのハウスクリーニングを利用してみてはいかがでしょう。 
くらしのマーケットでは、ハウスクリーニングを明確な料金と口コミで比較し予約することができます。
家中丸ごとクリーニング、もしくはキッチンだけ、トイレだけなど一箇所ごとの依頼も可能。サービス内容や予約日時などは、事前にスタッフとメッセージでやり取りができるので安心して、利用することができます。

汚れに合った掃除方法で、綺麗な住まいを実現したいですね。

取材協力:くらしのマーケット

出張・訪問サービスに特化した業者を具体的な料金や口コミで比較検討し、自分に要望に合った業者をネットやスマホから簡単に探すことができます。料金、サービス内容、予約可能日などをページ上で確認できるため見積もりが必要ありません。また予約前に個人情報を登録する必要もないので、しつこく営業電話がかかってくることもありません。

 

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail