アウトドア・ホビー

簡単組み立て&使い切り!BBQのストレスが一気になくなる 「クラフトグリル」 BBQ

2019. Jul. 5

BY matsuocaerico

みんなでわいわい楽しいBBQ。
でも道具を揃えたり借りたりするのが面倒だったり、準備や片付けが大変だったりしますよね。そんなBBQのストレスを軽減してくれるアイテムがCASUSGRILL(カサスグリル)社のクラフトグリルです。

CASUSGRILL(カサスグリル)のクラフトグリルとは?

クラフトグリルは、簡単組み立て&着火ができる使い切りのBBQコンロです。BBQやキャンプなどで使うコンロや炭と同じように、アウトドアシーンでの調理 に使えるアイテム。ダンボールなど天然素材でできているため、重さは約1キロと軽く、トートバッグに入れて持ち運べそうなサイズ感です。A4より少し大きいくらい。

A4用紙を載せてみました

簡単持ち運びはとっても魅力的です! でも、BBQやキャンプを楽しむために必要なのは、その火力。そこで クラフトグリルの火力を試してみます。

 

クラフトグリルをつかってみた

アウトドア=みんなで協力して準備するものですが、クラフトグリルは1人で楽々準備ができちゃいます。

まずは組み立て。
同梱の取扱い説明書にしたがって組み立てていきます。

ダンボール素材を数カ所はめ込むだけなので道具は不要。重たい作業やスキルの必要な工程もありません。

セットをしたら四隅のチャコールブリケット(黒くて丸い炭)に着火します。自然と他のチャコールブリケットにも広がるので、着荷箇所は4箇所だけでOK。

通常は、着火剤を使ったり空気を送り込んだりする必要がある薪や炭。火起こしの楽 さにびっくりでした。

チャコールブリケットから炎はほとんど出ず、熱を放ちながらじわりじわりと白くなっていきます。およそ5分で全面が真っ白に。

念のため炎が上がっていないことと、全体が白くなったのを確認したら竹串のグリルを載せます。あとは食材を並べるのみ!

あっという間の準備です。グリルの幅が広いので、小さくカットした食材よりも大きめのものがおすすめ。
BBQのストレスの1つ、煙や匂いがあまり出ないので、小さい子どもがいる方も楽しめそう。実は、今回マンションのベランダでやってみましたが、近隣への迷惑はかからなかったと思います。(※風向きや近隣との距離によって差があると思うのでご注意ください)

 

通常の火力が強すぎて急いで食べなきゃ……目が痛い、暑いと慌ただしいBBQ。クラフトグリルは静かにじっくり焼けていくので、落ち着いてのんびり食べることができます。しっかり焼けるので、もちろんおいしい!

とろーりチーズも楽しめました。アルミホイルや重すぎる食材での調理はNGなので、注意が必要です。

片付けも楽々&エコ

ダンボールでできているコンロ。正直、燃え移ったりしなしなになったりしないか不安でしたが、心配無用。1時間ほど食材を焼いても、端の方に油が染みたくらいで、崩れることなどありませんでした。
1時間が過ぎ、 火力も弱まってきたところでBBQは終了です。(クラフトグリルを使えるのは1回のみ)

少し冷ましてから、水をかけてしっかり鎮火させれればOK。ダンボールでできているので、解体すると小さくなり、グリル部分は燃えるゴミとして捨てることができます。

もともとセッティングされている白い火山石は植木などに入れると土壌改良剤として役立つとのとこと、そのままベランダの植木鉢に入れることに。また竹炭の灰も使えます。土壌をハーブなどに適したアルカリ性にしてくれるそうですので一緒に土に混ぜてOKです。

すっきりお手軽なうえに、エコで上手なBBQを楽しむことができました。
BBQが苦手な人はもちろん、もっと簡単にBBQを楽しみたい人、子どもや高齢者とアウトドアをしたい人、極力ゴミを減らしてスマートに遊びたい人にもおすすめのアイテムでした。

商品情報

クラフトグリル ¥1,296(税込)

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail