趣味・エンタメ

【速報レポート②】「CP+2019」hintos編集部の注目アイテム&ブース

2019. Mar. 2

BY seta

“スマホで十分”な人からプロフォトグラファーまで、写真のある生活を送る誰もが楽しめる写真とカメラのイベント「CP+(シーピープラス)2019」がパシフィコ横浜にて3月3日(日)まで開催されています。開催初日に取材したhintos編集部が出会った注目ブースやアイテムをご紹介します。

第1弾レポートはこちら

■  hintos編集部注目のブース
編集部員が欲しくなったカメラ女子注目アイテム
■ CP+2019開催概要

hintos注目のブース

CP+2019の会場では、これまでhintosでもご紹介している企業やアイテムの多くを一度に見て触れることができます。会場ではハイエンドなカメラやレンズも多数出品されていますが、編集部では初心者から親しみやすく楽しめるブースを中心にチェックしてきました。

Lomography(ロモグラフィー)

まずはとにかく目を引く装飾のロモグラフィーブースからご紹介。


床一面の「ロモウォール」は富士山をモチーフにして手作業でレイアウトしているんですって。ブースの写真を撮ってハッシュタグを付けてインスタに投稿すると、数量限定でロモグラフィーのオリジナルグッズがもらえるほか、アンケートに答えた方に抽選でLOMO’INSTANT SQUAREが当たるプレゼント企画なども実施されていました。

只今絶賛クラウドファンディング中、ロモグラフィー渾身の一眼レフ用アートレンズ「Lomogon」もこちらのブースで初展示されています。ロモグラフィーを代表するカメラである「LC-A+」のノスタルジックな写りを楽しめるという魅惑のレンズ。筆者も会場で少し触ってみましたが、扱いやすいダイヤル式の絞りで直感的に使えるレンズだと思いました。キットレンズしか使ったことがないけれど次は個性のある新しいレンズに挑戦してみたいという人も注目商品だと思います!

DJI


デモフライト用のドローンフィールドも設置されたDJIブース。フォトグラファー/ビデオグラファーによる撮影テクニックや機材の活用方法を紹介するセッション、購入検討者へのアドバイスをしてくれる「DJI 製品相談コーナー」が実施されていました。


注目は史上最小の 3 軸スタビライザーを搭載したOsmo Pocket。事前予約制の「Osmo Pocket 貸出プログラム」を利用することで、会場内で最大1時間Osmo Pocketを使って自由に撮影をすることができます。また、ブース来場者の中から1名にOsmo Pocket が当たるキャンペーンも実施されていました。

・Osmo Pocketの体験レポートはこちら

富士フイルム

富士フイルムのブースでは、チェキシリーズの「SQ20」や「SP-3」を自由に使って体験できるタッチ&トライコーナーがありました。かわいらしいレゴブロックの展示を被写体にしてスクエアフォーマットの魅力を体感することができます。


プリントしたチェキはオリジナル台紙のフォトフレームに入れて持ち帰ることができるのもうれしいところ。

・instax SQUARAE SQ20の体験レポートはこちら

富士フイルムの各種プリントサービスやプリントアイテムも紹介されているので、幅広い写真プリントの楽しみ方を見て、触れて、知ることができます。

編集部員が思わず欲しくなったカメラ女子注目アイテム

会場内では、写真初心者の女性でも欲しくなるアイテムやスマホ撮影に役立つアクセサリーなどもたくさんあります。


オリンパスブースでは、おしゃれなカメラストラップ「サクラスリング」を発見。スカーフ状のストラップを肩に広げてかけることで首への負担を軽減し、使わないときにはくるっと包んでカメラの傷つき防止にも使えるという見た目にかわいいだけじゃない機能性を持っています。オリンパスのミラーレス機「E-PL9」の女子力高めなデザインとの相性が抜群ですね。

・オリンパス「E-PL9」を使って体験した写真講座のレポートはこちら


ShiftCamPICTOR ONEをはじめとして、ミニ三脚やジンバルなどなど、スマホと組み合わせて撮影の幅を広げてくれるアイテムも多数出品されていました。試し撮りをして使い心地を体感できるだけでなく、商品のおすすめポイントや選び方をその場で聞けるというのもいいところ。

キヤノンのスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」も手帳アレンジなどの活用アイデアとともに紹介されています。


インスタ映えな写真が撮れるkingの「レンズボール」(水晶玉)はひとつ持っていると便利そう。写真撮影の幅を広げてくれるアイテムも色々ありました。


「MyBook(マイブック)」や「ASKABOOK(アスカブック)」などのフォトブックサービスを展開するアスカネットのブースでは、フォトブックをはじめとした様々な写真プリントの事例が展示。手にとってその質感や仕上がりをチェックできます。溜まった写真データの残し方を探している人にとってもヒントがたくさんありますよ。

CP+2019開催概要


・会期:2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日)
・開催時間:10:00~18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00終了)
・会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
・主催:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
・入場料:1,500円(税込)(ウェブ事前登録で無料)
※障がいがある事を証明する手帳を持参の方、小学生以下の方は無料

土日は「Photo Weekend(フォトウィークエンド)」も開催されてさらにイベントも盛りだくさんです。写真やカメラに詳しくなくても十分に楽しめる催しなので、近隣観光がてら出かけてみてはいかがでしょうか♪

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail