アウトドア・ホビー

スマホカメラでも夜景がきれいに撮れる!おすすめアプリCortex Camera

2018. Dec. 11

BY 伊藤美咲

(2/2ページ)

Cortex Cameraアプリの使い方

アプリをダウンロードして起動させ、画面の右下の歯車のマークを選択すると設定画面が開きます。

設定のそれぞれの意味は下記の通りです。

  • Enhance Shadows・・・手振れ防止機能のON/OFF
  • Remove Motion Blur・・・ONにすると動いている被写体を自然に消すことができます
  • Filetpe・・・拡張子をJPGかTIFFから選べます
  • Torch・・・ONにするとアプリ起動中、常時ライトがつきます
  • Grid・・・ガイドラインの表示のON/OFF
  • Timer・・・タイマーをなし、5秒、30秒から選べます
  • Input・・・RAWかVideoの選択

InputでRAWを選ぶと連写して1枚の写真になり、Videoを選ぶと動画のように数秒撮影して1枚の写真になります。RAWで撮影するときは大きめのシャッター音が連発されるので注意が必要ですが、Video撮影のときは無音です。

また、左上のボタンで露光時間を調整することができます。数字が小さいほど短く、数字が大きいほど長く露光されます。

露光時間を1番短くして撮影してみると、かかった時間は約1秒、長くしてみると約4秒ほどでした。露光時間を長くするほど手振れしやすくなるので注意が必要です。どれくらいがいいのかわからないという人や最初に使うときは、オートに設定して撮影するのもおすすめです。

対応機種と値段は?

iOS 11.0以降のiPhone、iPad、およびiPod touchに対応しています。また、Androidは5.0 以上で使用可能です。
120円(2018年12月時点)の有料アプリにはなりますが、アプリ内課金はないので綺麗な思い出を残すためにも買ってみる価値はありそうです!

あなたもCortex Cameraで楽しかった景色を、見たまま綺麗に残しませんか?

App Storeでのダウンロードはこちら>>
GooglePlayでのダウンロードはこちら>>

 

  • 1
  • 2
※2018年12月11日時点の情報です。価格を含めた詳細情報は各商品の公式HP等をご確認ください。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

KEYWORDS